ラストヘブン―生きて地獄を見た少年 (トクマ・ノベルズedge)

著者 : 佐々木禎子
制作 : 茶屋町 勝呂 
  • 徳間書店 (2006年7月発売)
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198507091

作品紹介・あらすじ

ドライブイン『喜楽』の美人の女主人恭子が失踪。そして圭哉の父親が消える。大地のお祖母ちゃんも徘徊してどこかへと導かれていく。少年たちと少女の探査行はいつしか郷土史研究会のテーマ、キラクへとつながってくるのだ。日本全国に伝承される彷徨える幻の都市キラク…。そして少年たちに届いた祭りの前の限定招待状。

ラストヘブン―生きて地獄を見た少年 (トクマ・ノベルズedge)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こわ〜〜っ。久々のホラー!

全1件中 1 - 1件を表示

佐々木禎子の作品

ラストヘブン―生きて地獄を見た少年 (トクマ・ノベルズedge)はこんな本です

ラストヘブン―生きて地獄を見た少年 (トクマ・ノベルズedge)を本棚に登録しているひと

ツイートする