電脳コイル 12 (トクマ・ノベルズEdge)

著者 :
制作 : 磯 光雄 
  • 徳間書店
4.12
  • (10)
  • (9)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 99
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198508647

作品紹介・あらすじ

今より少しだけ未来の202X年。小学生の間では、ウェラブルコンピューター"電脳メガネ"が大流行していた。この"メガネ"をかけると、必殺技を手に入れたり、電脳ペットを飼ったり、子どもたちだけのとびきり刺激的な秘密の遊びをすることができるのだ。ただし、"メガネ"を楽しめる時間には限りがあって…。自分をあやつる声の正体を知ったイサコ。そのほんとうの目的を聞かされても、声から離れることはできなかった…。大黒市では"メガネ"グッズ店がつぎつぎと襲撃され、不思議な電脳力を持つ京子が"メガネ"の小学生たちに狙われる。すべての事件の背後にイサコの存在を確信するヤサコは、ついにイサコとふたりだけの最終戦争を決意する-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • メガシ屋が子供たちに襲われる。その裏では、イサコの兄である信彦が暗躍していた・・・

  • 前巻くらいからアニメとは大きく異なる方向に舵を取りだしたが、本巻ではよりいっそう加速度を上げている。次巻での結末がどうなるのか非常に楽しみ。

  • 秋に出る13巻で終わりだそうです。
    ハラケン…ハラケンを早く!!

    アニメとは事なる道筋を辿るこのお話、全て読み終わったらアニメをもう一回見直したいです。

全4件中 1 - 4件を表示

宮村優子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×