電脳コイル 13 (トクマ・ノベルズEdge)

著者 :
制作 : 磯 光雄 
  • 徳間書店
4.07
  • (11)
  • (9)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 100
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198508746

作品紹介・あらすじ

今より少しだけ未来の202X年。小学生の間では、ウェラブルコンピューター"電脳メガネ"が大流行していた。この"メガネ"をかけると、必殺技を手に入れたり、電脳ペットを飼ったり、子どもたちだけのとびきり刺激的な秘密の遊びをすることができるのだ。ただし、"メガネ"を楽しめる時間には限りがあって…。"メガネ"の有効期限を迎えてしまったイサコは絶望し、自ら"あっちの世界"へと飛びこんでしまう。ヤサコは、"あっちの世界"への入り口を探して大黒市に来る以前に住んでいた西陽海へと向かった。デンスケに隠された暗号の謎、「ミチコさん」の正体、7年前の事故の真相…"メガネ"にまつわる秘密がつぎつぎと明かされる中、大黒市では古い電脳空間の一斉フォーマットがはじまった!ヤサコは、イサコを救うことができるのか-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ようやくシリーズ読了です。

  • 「電脳コイル」の世界をここまで掘り下げてくださった宮村先生に感謝したい。最後の怒涛の伏線回収お疲れ様でした。元々電脳コイルは複雑な仕組みや仕掛けの種明かしをするのもそれと少年少女の感情をリンクさせていくのも上手く描き出すのは難しい作品だと思っていたので全て丁寧にまとめてくださったことも素晴らしい。最後のイサコの描写については、アニメより好きです。

  • アニメとは違った展開での結末でしたが、よかった!!こわいこと、悲しいこと、つらいこともあったけど、こんなドキドキいっぱいの夏・秋・冬を冒険し、卒業していく彼らが、懐かしい気分とともに、うらやましくて仕方ない。私はこんな冒険できなかったな~;
    あの4人も、ノベルオリジナル(?)設定になぜかハラハラしましたがなんかうまくおさまってよかったよかった~みんな、わりと幸せな感じです☆

  • 全ての謎が解け始める・・・
    ミチコさんの正体、ヤサコの祖父の秘密、イサコの家族の真相・・・


    「電脳コイル」は、他の小説と比べてスラスラと読むことができた。だが、小学生はヤサコたちのように、相手の言葉の意味を、それほどまでに理解しないと思う。
    昔、アニメを見たけれど、ほとんど内容を覚えていないので、もう一度見てみようと思う。

  • 12巻読後時点で、実際はあと2冊はあるかな、と思っていましたが実際に終わりました。表紙のふたりにめがねがなくなっているのが、象徴的です。猛烈な勢いで謎を回収していくのですが、この内容ならアニメ版を素直に小説にしたほうが良かったと思います。ただ、長いだけになってしまいました。

  • 完結。最終巻だけあってもう大変!

    ハラケンが好きだったので、彼の処遇はチョット可哀想。ヤサコとくっつく展開は無しか!!!
    イサコとヤサコについてはきっちり成長して、すっきりと終われたと思います。

    マリリンマリーンの事でモヤモヤして読み返してたんですが、結局322ページ頭の猫目の台詞が答えなんでしょうか?
    余計モヤモヤするわ!!!(笑)

  • 第一巻初版が07年の4月
    実に4年近く書き続けていた宮村優子氏に「ありがとう」を贈りたい
    アニメ版ではうかがえない内情が深く書かれた本作では、ヤサコとイサコだけに焦点を絞らず、少年少女に照明を当てそれぞれの成長ぶりを詳細に描いていた
    しkし、それも終わりを迎える
    少年少女という存在は少しずつ消えていってしまうのだ
    それは成長ではなく、卒業だ
    13巻という作中の13歳とかけただろう記念すべき表紙はヤサコとイサコが其々の道に歩みだすような一歩と、その彼方の一点を見つめている
    その両目に「メガネ」の透明な縁はない

全8件中 1 - 8件を表示

宮村優子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×