人情刑事・道原伝吉 八ヶ岳野辺山の殺人 (トクマ・ノベルズ)

著者 :
  • 徳間書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198509262

作品紹介・あらすじ

長野県警安曇野署管内の穂高交番で時限爆弾が爆発し、警官が重傷を負った。拾得物の鞄に仕掛けられていたらしい。勤務中の警官を狙った犯行か?安曇野署刑事・道原伝吉は現場へ急行。目撃情報からリュックサックを背負った男が容疑者として浮上する。翌日、目撃者が車ごと高瀬川に転落し怪我をした。事故の直前、前方で人が立ちはだかったという。犯人の口封じか?五十年前、八ヶ岳山中で起きた遭難事件。血塗られた一家の悲劇に謎を解く鍵が潜む。山岳事件のスペシャリスト・道原刑事が真犯人に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 交番爆発とか、目撃者殺人未遂とか、春香が襲われるとか
    これらの事件の必然性があまりないような気がした。動機もあまりにも弱いし。
    しかしメインとなる道原が矢崎家を追い求めるストーリーは
    とても良かった。
    このシリーズではわりと面白い方かと思う。
    でももうムリに登山絡めなくてもいいんじゃないかな。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1933年長野県生まれ。80年『九月の渓で』で第3回エンターテイメント小説大賞受賞。長年の登山経験を活かした山岳ミステリーや、都会人の複雑な人間模様を主題にした作品に定評がある。『百名山殺人事件』『白神山地殺人事件』等著書多数。

「2019年 『黒白の起点 飛騨高山殺意の交差』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梓林太郎の作品

ツイートする