平成狸合戦ぽんぽこ (徳間アニメ絵本10)

著者 :
  • 徳間書店
3.58
  • (2)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198601706

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 猫の恩返しに続くジブリの本。まず1人で読み、その後親が読む。長かったのに一気に読み終えるが、感想は「これは難しいかな」とのこと。

  • 最初に見たころは百鬼夜行とか、化けるのが面白かったけれど、最後には狸は負けてしまうというのが分かってなかったけれど、何年も経ってから見ると、最近は悲しみの方が多い。

    死出の旅とかも最初は意味分からなかったもんなぁ。

  • 構成・文/小宮山みのり
    カバーデザイン/川島健三(水野プロ)

  • 狸が戦争をしているところが面白かった

  • 昭和40年代、多摩ニュータウンの建設地。<br>
    平和に山に暮らしていた狸たちだが、突然、宅地開発のために住処の山が切り崩された。<br>
    山を守るべく奮闘する狸たち、その結果はどうなるか。<br>
    <br>
    <br>
    高校生くらいのときに初めて見たときは、それほど面白いとは思わなかった。確かに宮崎駿作品のファンタジーとは違って地味な作品ですが、考えさせられるという点ではこういう作品のほうが良い。<br>
    宅地開発をする人間vs山に住む狸。<br>
    狸の視点で描かれているせいで人間が悪者になっているけれど、だからといって「人間が悪い!」と狸に簡単に感情移入できる訳でもない。人間としてはただ単にニュータウン開発をしているだけで、自分が現在、実際にニュータウンに住んでいるせいかもしれないが、それが一方的に悪いとは思えない。だって実際、都会に順応してしまった人間にとって、開発された場所のほうが住みやすいし。<br>
    それに狸だって、工事を邪魔するために事故を起して人間を殺している。そして、「尊い犠牲を払ってしまった」と口では言っているが、黙祷している最中に堪え切れなくなって笑い出し、『人間を追い払った!』と飲めや歌えの大騒ぎ。人間の自分としてみれば、「人が死んだのに!」と思ってしまう。<br>
    段々と狸と人間の争いは激化していくのだが、その争いを、人間は『争いだ』と見なすほど脅威に感じていないところがまた悲しい。<br>
    <br>
    切ないといえば切ない、悲しいといえば悲しい。<br>
    映画そのものがそんなテーマであるのに、それを重苦しく感じさせない狸たちのキャラクターが、また良い。<br>
    人間たちを憎みながらも、憎みきれない狸。怒ることよりも笑うことが好きな狸。人間たちよりも頭が悪い、と言ってしまえばそれまでだが、踊って歌って楽しそうな姿は、こちらまで楽しくなる。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

アニメーション映画監督。1935年、三重県生まれ。作品にTVシリーズ「アルプスの少女ハイジ」「赤毛のアン」など、劇場用長編「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」「ホーホケキョとなりの山田くん」「かぐや姫の物語」など。

「2014年 『かぐや姫の物語 徳間アニメ絵本34』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高畑勲の作品

ツイートする
×