木曜組曲

著者 :
  • 徳間書店
3.48
  • (76)
  • (149)
  • (341)
  • (17)
  • (1)
本棚登録 : 823
レビュー : 152
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198610937

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何度読んでも、おもしろい。

    美しい映画のような小説にほれぼれ。

    えい子さんの料理食べたいな。

  • 怖い怖い!
    でも文句なく面白かった。一気読み。
    カバーがガラスのコップなのはそれでなのか。
    納得。

  • 美しい密室劇という印象を受ける。
    とにかく、そこに集まる女性たちがいただく食事やお酒の美味しそうなこと。

  • (図書館本)お勧め度:☆5個(満点10個)。恩田さんの小説。うーんどう表現したらいいのかよくわからない小説だった。推理劇と言えばそう思えるけど、いわゆる館物なんだけど、密室物ではなく、ただ、淡々と女性達が記憶をたどっていく舞台劇みたいな感じだった。
    内容は、4年前、作家「重松時子」の不審死を忍んで毎年集まっていた5人の作家の卵たちの推理劇で、自殺か他殺か?いろいろな妄想が飛び交い紛争する。しかも1人以外はすべて時子の親戚なのだからややこしい。設定もさることながら、恨みや妬みが交錯し最終的には事故として集結する。
    面白くはあったが、私にはいまひとつピンとこなかった。

  • 映画を見てから本を読みました。恩田さんらしい作品で、いろいろな仕掛けが成功していると思います。

  • いやぁ~面白かった。
    舞台を見てる様だった。
    客間のセットだけがず~っとあって、たまに暗転したりして。
    でも登場人物の台詞だけで延々と続くの。
    観てみたいなぁ。

    …たばこだけウザかった。

  • 物書きの親戚同士の女性たちが、4年前の小説家の自殺について回想する。真相は何だったのか。最後の最後にあらましが見えてきて、やはり黒幕はそうだったかと。
    回想にはじまり、しょせん妄想だねということに落ち着くのだが、こういうのもありかな。
    楽しく一気読みした。

  • なかなかおもしろい!!

  • 生気溢れる食卓を囲んで語られる「真実」は、結末をより残酷なものにさせている。トマトと茄子のスパゲッティ理論がツボ☆

  • 物書きの女性五人が亡くなった女流作家の家に集まって、作家の死の真相を推理する話。女性のしたたかさと、物書きとして書くことへの執着が凄く感じられる作品でした。ほとんどキッチンとダイニングだけで物語が進行するので食事のシーンが多く、読んでいると何か食べたくなってしまいます(笑)

全152件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

木曜組曲のその他の作品

恩田陸の作品

木曜組曲を本棚に登録しているひと

ツイートする