日本人と中国人どっちが残酷で狡猾か―乱世は論語に学べ

著者 :
  • 徳間書店
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198611583
全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

渡部昇一(わたなべ・しょういち)
上智大学名誉教授。英語学者。深い学識と鋭い論評で知られる。著書に『知的生活の方法』(講談社)他多数。また、訳書として本書をはじめ、『自分の時間』(アーノルド・ベネット)、『自分を鍛える!』(ジョン・トッド)、『歴史の終わり』(フランシス・フクヤマ)、『「頭のいい人」はシンプルに生きる』(ウェイン・W・ダイアー、いずれも三笠書房)などがある。

「2021年 『アーノルド・ベネットの賢者の習慣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡部昇一の作品

日本人と中国人どっちが残酷で狡猾か―乱世は論語に学べを本棚に登録しているひと

ツイートする
×