死して残せよ虎の皮―浅井長政正伝

著者 :
  • 徳間書店
4.19
  • (15)
  • (9)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (409ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198612061

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 北近江の戦国大名である浅井長政の生涯を描いています。
    タイトルの言葉は長政の祖父である浅井亮政の遺言で、虎は死んで皮を残すが、人は名を残す。
    浅井亮政は大名になったけど、結局六角氏に勝てず、名を残せないので、せめて皮を残そう、という遺言だそうです。

    ↓ ブログも書いています。
    http://fuji2000.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_764f.html

  • 戦国の武将の話をいくつか読むうちに、信長の妹「お市の方」の話を
     読んでみたくなった。それでお市の夫である「浅井長政正伝」という
     この本を見つけて読んでみることにしたんだけど、最初に長政と信長の
     「濡れ場」?!が出てきて本当に読むのをやめようかと思った。
     作者の意図としては、それほど二人は愛憎が深かったということを描き
     たかったのかもしれないけど、私は目が点になってしまった・・。
     それでも我慢我慢と読んで行ったら、ほかの本でも読んだとおり、かなり
     史実に忠実に物語が進んで行き、それなりに面白く読み終えることが
     出来た。で、結局「お市」のことはほとんど書かれていなくて、お市と長政
     の「濡れ場」ばっかり(-_-;)
     う~ん私が読みたかったのはもっと違うんだけど。
     今回この本を読んで思ったのは、歴史小説は「同じ映画を違う俳優が
     演じてる」のと同じだってこと。描く人、演ずる人で全然違う映画になって
     しまうのと同じで、自分の作り上げたイメージがどうしてもあるから
     読んでると「え~?」って思ってしまうのだ。
     だから今後は歴史は小説ではなくて「歴史書」を読むことにしようと思う。

  • 浅井長政と織田信長がやおい、冒頭の本番シーンよりその後のライバル関係がやおい

  • がっつり書かれた衆道描写に「あぅあ・・・」となった一品(笑
    BL小説も読むけど、まさかハードカバーの歴史小説で衆道描写に出逢うとは。

    長政様、信長公、お市と、登場人物それぞれの魅力を前面に押し出した小説。

  • 長政の正伝と言いつつ、浅井と付き合いがある時代の御屋形様の話。が、帯に書いてある通りの傑作。御屋形様と秀吉の古式ゆかしい尾張弁がたまらん最高。現代の汚さばかりが強調される名古屋弁ではなく、三大美方言としての尾張弁がいい味出してます(作者が岐阜出身なのが自然な尾張弁にできた一因だろうね)。

    これの後で映画「茶々 天涯の貴妃」を見ると浅井が一気にわかる、かも。

  • 長政が本っ当にかっこいい。
    早く読破したい!

  • 浅井長政がこんなに格好良いとは知らなかった。
    息子にあんな風に言ってもらえる親には、中々なれないと思う。
    思わず憧れてしまいそうだよ。

    信長公とのやり取りも、互いの事を思ってるのに、
    個人の感情だけでなく背負ってる立場とかですれ違うのが切ない。
    信長公が長政様好き過ぎる(笑)

  • 冒頭からいきなり2つのベクトルの違う直線が一瞬交わる…そんな感じ。ただ一度の交点で、お互い一番深い所に触れたのに、同じ線を辿ることは不可能な信長と長政。『非情と厚情の混在した複雑な』信長のどうにもならない性がやるせないです。長政が思うより信長には長政が必要だったんじゃないか、と。

  • 2008.05.24
    なんというほも小説…笑
    長政の長は信長の長!

  • 長政好きの友人に勧められて読んだんですが、良かったです。
    読みやすい。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1960年岐阜県生まれ。94年『めんどうみてあげるね』で日本推理作家協会賞受賞。著書に『浅井長政正伝』『信長と信忠』『お市の方』『織田信雄』等多数。主宰する小説講座からは各文学賞受賞者を多数輩出。

「2019年 『何がなんでもミステリー作家になりたい!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木輝一郎の作品

死して残せよ虎の皮―浅井長政正伝に関連する談話室の質問

ツイートする