はるのやまはザワザワ

著者 :
  • 徳間書店
3.43
  • (3)
  • (6)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 145
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198613051

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 岐阜聖徳学園大学図書館OPACへ→
    http://carin.shotoku.ac.jp/scripts/mgwms32.dll?MGWLPN=CARIN&wlapp=CARIN&WEBOPAC=LINK&ID=BB00562529

    冬眠から目ざめた子グマのグルルが、かあさんといっしょにはちみつをさがしに出かけます。さあ、グルル、耳をすましてごらん。いろんな音が、聞こえてくるよ。春の山はいのちの音であふれているんだ! 心躍る季節のすばらしさを、リズミカルな言葉とはずむような絵で描いた絵本。(出版社HPより)

  • 図書館で借りる。絵は可愛い。読み聴かせるのに言葉のリズム感独特でが読み聞かせづらかった。子どもも表紙のみ興味を示し中身はあまり示さず。(1歳6ヶ月)

  • はるのやまのざわつきと、こぐまのこ。
    反応はいまいち。2歳11ヵ月
    C8795

  • 20170413 午後2年生(本の紹介)

  • 春の山の音がつまった素敵な絵本。

  • 活気づいた春の山はいろんな音でいっぱい。たくさん出てくる擬声語が面白いです。可愛い絵もお気に入りです。山歩きがしたくなりました。

  • 絵がかわいい

    春の山は音にあふれてる

  • 6年生へ ─ リーディングバディ向けの絵本 2010/06/11

  • 擬声語がふんだんに使われていてるので、聞いている(読んでいる)こどもたちは、絵本の中の絵以上にいろんなイメージを描ける楽しい絵本だと思います。春の兆しがみえ始める時期なら想像力も、よりぐぐっとふくらみますねー。
    「はるのやまは いのちの おとで あふれている」・・・この一文好きです。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年岐阜県生まれ。創作絵本やワイルドライフアートなどで、独自の世界を幅広く展開する、自然派アーティスト。ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞、ブラチスラバ世界絵本原画展金牌、日本絵本賞大賞など受賞を重ねる。主な絵本に『ピンク、ぺっこん』『ピンクとスノーじいさん』『ピンク! パール!』『ピンクのいる山』『ピンクがとんだ日』『はるのやまはザワザワ』『ようこそ森へ』『青いヤドカリ』『山のおふろ』『やきいもの日』(以上徳間書店)、『星空キャンプ』『どろんこ! どろんこ!』(以上講談社)、『さかなつりにいこう!』(理論社)、『石のきもち』『くじらのバース』(以上ひさかたチャイルド)、『よぞらのほしは』(フレーベル館)ほか多数。伊豆高原と石垣島に、村上康成絵本ギャラリーがある。「やまめのピンク」シリーズは、国連生物多様性の10年日本委員会」推薦図書となっている。

「2022年 『黄色い竜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村上康成の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×