作画汗まみれ 増補改訂版

著者 :
  • 徳間書店
3.89
  • (12)
  • (8)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 77
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198613617

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 映画というのは、一秒間に24コマの画像が映写されることで、止まった写真が動いて見えるような仕組みになっているのは知っていた。けれども、一般的なアニメーション作品は2コマ撮りといって、一秒間に流れる24枚の画像のうち、二枚を一画像で処理していることを、この本ではじめて知った。さらに、3コマ撮りといって、24枚中3枚にあたる部分を一画像で処理する方法を採用し、テレビアニメに先鞭をつけたのが、手塚治虫の虫プロダクションであったということも。

    小学生の頃、学校から映画につれていってもらう映画鑑賞会のような行事があった。「文部省推薦」というコピーが必ず入った、ひたすら真面目で暗い映画が多かったのだが、中には、『白蛇伝』のように、子どもを魅惑する映画に出会うこともあった。大塚氏は、その頃から日本のアニメーション制作に携わる日本動画界の草分け的存在であり、今や押しも押されもしない宮崎駿や高畑勲と何本も仕事を共にしてきた僚友でもある。

    手塚治虫が、マンガ家として成功しながらも、最後までアニメーションにこだわった事実は有名である。『鉄腕アトム』のテレビアニメ化は、商業主義との妥協の産物であり、セル画を省略したり(3コマ撮り)静止したり(止め)するという方法を多用することで週一回放映という事態を乗り切った不本意なものであった。一方で、それが、商売として成り立つアニメというものを多方面に認識させ、今日のアニメ隆盛の引き金になったことは皮肉である。

    大塚氏は手塚の天才を認めながらも、手塚が一方で理想のアニメに憧れながら、それを成し遂げることが出来なかったのは、商業主義の所為でなく、彼がアニメ制作について無知だったからだという意外な事実を語っている。絵を動かすということは、考えているほど簡単なことではない。日本の動画制作の創生期を担った東映動画部スタッフの技術や努力をその目で見てきた氏の体験に即した叙述は説得力を持っている。

    今や、アニメーションは日本が世界に対して発信することの出来る数少ない文化の一つである。しかし、果たしてその質が、それに見合うだけのものを持っているかといえば、この本を読んだ後では疑問が残る。「ジャパニメーション」と呼ばれる一群の作品の魅力の一部である限りなく実写に近い画面効果が、本来絵を「動かして見せる」アニメーションの代替物だとすれば、それは、アニメーションの語義である生気・活力からかえって遠ざかることになるのではないだろうか。

  • 興味あるアニメ映画製作の話でとてもおもしろかった。
    日本におけるアニメ映画の黎明期の話で、まさに日本独自のやり方ができていく過程が少しでも分かった気がした。
    熱意と能力を持って作り上げてきた人たちの、その姿に尊敬の念と感動を覚えました。

    自分の業界も比較的新しく、同じような話があるのかなあとうらやましく思います。

  • 期待以上の出来です。この本で指摘されて気づいたことですが、宮崎監督のデビューは遅いんですね。確かに、相当遅いです。多くの同業者に能力を認められたにも関わらずです。使いにくいと思われたのでしょうか。

  • 201104/

  • アニメーション現場の大御所の一人。仕事をきちんとやってきた方の本を読むのは快感です。

  • DVD見たら、これも読みたくなってきた。旧版は持ってるけど内容充実してるようなので。Amazonで注文済。

  • やる気でます。がんばります。仕事って何か、っていう本ですよね。多分。

全8件中 1 - 8件を表示

大塚康生の作品

作画汗まみれ 増補改訂版に関連するまとめ

作画汗まみれ 増補改訂版を本棚に登録しているひと

ツイートする