はるになったら

  • 徳間書店
3.76
  • (8)
  • (6)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 95
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198616779

作品紹介・あらすじ

はるになったら、ちいさなおねえちゃんがちいさなおとうとにしてあげたいこと。それはね…。愛情いっぱい、そしてちょっぴり背のびした語りかけと気もちにそっとよりそう絵が忘れがたい絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小さなおねぇさんが、大好きな弟へ向ける愛情の世界がとっても可愛らしく美しい絵本。

    はるになったら、お花をたくさんつんできてあげる…
    から始まるこの物語は、可愛い弟のためなら何でもしてあげたいと弟のことをいつも考えている、そんな小さなおんなの子の、おねぇさん日記のようだった。

    えいがにいったら、
    うたを おぼえてくるね。
    おうちで まねして うたってあげる。

    ここが、なんだかとても可愛らしく感じた。

  • 福音館書店の『ねえさんといもうと』が良かったので、ほかにもなにかよんでみたくて、ガース・ウィリアムズ絵のこちらを借りてみた。

    ちいさな おんなのこが、ちいさな おとうとに してあげたいこと。
    それはね……。

    表紙から受ける印象とちょっと違いました。
    標題紙はすごくいい感じがして、はじめのページがこわい。
    個人的には、いいなと思う絵のページと、うーんと思う絵のページの落差がすごい。
    「ゆめに おばけが でてきたら」がすごく頼りになって弟だったら嬉しいだろうな、と思います。
    はじめに、「わたしのおねえさん、ドロシー・アーノフへ」とあります。

  • 小さな弟を思う、小さなお姉ちゃんのおはなし
    この世界には愛しかない

  • 春の匂いのする絵本。軽くて青緑の爽やかさと優しさ。…と思って改めてタイトル見たら、はるになったら。
    あぁ、素晴らしい画力。

  • 姉弟の美しい世界観は、少し現実離れしているような‥
    飽きっぽく我儘で、自分に注目してもらいたいのが普通の子供。
    ‥と思いつつ、あっさり切り捨てられないのは、絵の力でしょう。

    実際は、いつでもこんなに愛情あふれた女の子はいないでしょう。

    でも、普段隠れていても確実に心のどこかにある優しさ。

    美しく愛らしく、どこかしら一生懸命な優しさが、心に沁み通ります。

  • 以前読んだ小説に登場した作品で、ずっと気になっていたので読んでみました。

    ちいさなお姉ちゃんが弟にしてあげたい事、いーっぱい!
    それは遠い未来の話にまで続いているんだな~と思うと、なんだか胸がほっこりしました*

  • 資料番号:020199493
    請求記号:E/ウイリ

  • お姉ちゃんが、弟にしてあげたいことを、優しい絵とともに描きます。静かであたたかな絵本。

  • やさしい絵本です。心がほっとする。

  • 弟がかわいくてたまらない気持ちがあふれ出る絵本。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1915-2013年。米国ヴァージニア州生まれ。ウィスコンシン大学卒業。出版社で50年以上にわたり児童図書の編集者として活躍するかたわら、絵本作家として60冊以上の作品を出版。主な絵本に『うさぎさんてつだってほしいの』(冨山房)、『かぜはどこへいくの』(偕成社)、『ねえさんといもうと』(福音館書店)、『あらしのひ』『いつかはきっと』(ほるぷ出版)、『はるになったら』(徳間書店)などがある。

「2018年 『かあさん、だいすき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シャーロット・ゾロトウの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ユリ シュルヴィ...
トミー=アンゲラ...
はた こうしろう
マージェリィ・W...
マージェリー カ...
ローレン トンプ...
メアリー・リン ...
ジャニス=メイ=...
ユリー・シュルヴ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×