サンタクロースのしろいねこ

制作 : アン モーティマー  Sue Stainton  Anne Mortimer  まえざわ あきえ 
  • 徳間書店
3.89
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198617578

作品紹介・あらすじ

宝石のような美しい瞳をした、雪のように白い猫、スノウ。あるクリスマスイブのこと、スノウはきらめく夜景に見とれるあまり、サンタさんのそりから落ちて迷子になってしまい…?あたたかく、優しさあふれるストーリーと細部まで丹念に描かれた色あざやかな絵。宝物にしたくなる、クリスマス絵本決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サンタクロースの胃炎は雪に紛れたら分らなくなるほど真っ白の猫、スノウがいた。
    スノウはレモン色のお月様や北風さんとも遊んでいた。
    年に1度、サンタクロースが世界中を回る旅に出るときにもこっそりポケットに入ってついていくこともしばしば。
    今回はサンタクロースの温かいポケットの中に入っているうちについていくことになってしまった。
    スノウが空の上から下界を覗いたときに落ちてしまう。
    スノウは落ちながらもサンタクロースが必ず見つけると言っていることが聞こえた。
    街に降りたスノウ。
    何とかしてサンタクロースを見つけようとするけれど、街にいるのは偽物のサンタクロースばかり。
    人形のサンタクロース、テレビに映るサンタクロース、サンタクロースの格好をそたただのおじさん…。
    もうサンタクロースには会えないかも知れないと思っているところでやっとサンタクロースがスノウのことを見つける。
    サンタクロースはあちこちの高い建物に降りてはスノウを探していたのだ。
    子供たちにプレゼントを配り終えて、サンタクロースとスノウは家へと帰る。
    サンタクロースはスノウを見つけられたことが自分にとってのクリスマスプレゼントだ、と言うのだった。

    雪のように真っ白なスノウ。
    本当にいたら見てみたい。
    サンタと猫という組み合わせは珍しい。

    アン・モーティマーはクリスマスと猫の組み合わせがよく似合う。
    話の中身よりも絵にばかり集中してしまう。

  • 我が家にもスノウのような長毛種のねこがいるけど、スノウの仕草とか表情とかがそっくり。ストーリーは単純だけど、ねこ好きにとってはハマる作品。あと、スノウが迷い込んだ街がイギリスの街の味を上手く表現しているのも嬉しい。

  • サンタクロースのしろいねこが配達についてきて落下してさまよって
    いろんなサンタにびびって(かざりとかテレビとか)
    最後ちゃんと出会えてよかったねー
    また配達ついてくよーって話

    どこがいいのかわかんないな~

  • やっぱり、うつくしい絵に感動します。
    『クリスマスのこねこたち』では、どっしり構えたお母さんネコになってるけど、スノウも子どものころは公金旺盛で、やんちゃな女の子だったんだなぁ。
    こちらのほうが、ストーリーもハラハラ、ドキドキして楽しめるかも。
    サンタクロースのやさしい目が……
    ほんとうに、こういうひとなんだろうなぁ。だといいなぁ。

  • とても綺麗な絵本です。クリスマスの街がとても素敵。ネコ好きさんにもお勧めです。

全7件中 1 - 7件を表示

サンタクロースのしろいねこのその他の作品

Santa's Snow Cat ハードカバー Santa's Snow Cat スー・ステイントン
1-B00A1A9U0Uの詳細を見る 図書館 1-B00A1A9U0U スー・ステイントン
Santa's Snow Cat ペーパーバック Santa's Snow Cat スー・ステイントン

スー・ステイントンの作品

サンタクロースのしろいねこに関連するまとめ

ツイートする