きみがしらないひみつの三人

  • 徳間書店
4.07
  • (31)
  • (19)
  • (19)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 215
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198618445

作品紹介・あらすじ

きみが生まれた日、三人のともだちがやってきて、きみのからだのなかではたらきはじめた…。人が生まれ、死んでいくまでの頭と心と体のふしぎなはたらきをやさしく詩的に描く。子どもから大人まで、それぞれに深く語りかけてくる絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • わたしの体にも3人いるのかな?と思いました。

  • 本の大きさが小さいので学校の読み聞かせには向かないと思いますが、読みたいと思いました。戦争や死について学ぶ中学年からがオススメかな。人間の身体の中には、頭、心、体をそれぞれ管理するひみつの三人が宿っているお話。それぞれがどんな仕事をしているのかを
    生まれた日から死んだ後までわかりやすく描いています。

  • 誕生した時から死ぬまでの、頭、心、体の働きを、小さな「三人のともだち」と表現して、語っている絵本。
    ファンタジックなのに、どこかリアルで、不思議な絵本。
    最後のハートおばさんの働きに、なんともじんわりと感動を覚える。
    小さい子にも、大人にも良い一冊だと思う。
    自分自身を大切にしようと思える絵本だった。

  • からだのこと、大切にしたくなる。シンプルにそれだけ。

  • 三人頑張ってくれてますね~

  • きみが うまれた日、三人のともだちは やってきた。

    三人は きみのために がんばって、ずっと ついていく。

    きみが この世から さよならする日まで。

    ユーモアたっぷりで可愛い文章と絵。
    人が生きるって、そういうことか。
    生きたって、そういうことか。
    三人が今も活躍してるのを意識すると、毎日をもっと大切にしたくなる。
    さよならした後もがんばってくれてることに、ほっこり。

    よくわかんない。
    でも、面白かった!
    アタマはかせがハゲツルピッカなんだもん!M9

  • 感動しました。
    ふだんは意識しないけど、たしかにこの三人は
    生まれた時から、死ぬ時までいてくれるんだ。
    人知れず、働いてくれているんだ。
    あたたかい気持ちになりました。
    ラストがまたいい!!

  • 知識 心 体のバランスは
    私たちにとってとっても重要だよね

    ひみつの三人さん
    いつもありがとう

  • アタマはかせ、ハートおばさん、いぶくろおじさんの3人は君が生まれた日にやってきた。自分の体の働きやこころの仕組みを 客観的にとらえる助けになるかも。

  • 頭、心、体の生まれてから死ぬまで。
    面白い発想。

全31件中 1 - 10件を表示

ヘルメ・ハイネの作品

きみがしらないひみつの三人を本棚に登録しているひと

ツイートする