踊るギムナジウム

著者 :
  • 徳間書店
3.51
  • (6)
  • (14)
  • (22)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198622633

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 爆笑。なんだこれ!
    お茶目でばかばかしいけどちょっといい話。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「お茶目でばかばかしい」
      森奈津子は暫く読んでいないから、読みたくなった。馬鹿馬鹿しさにパワーが貰えそうな気がする。。。
      「お茶目でばかばかしい」
      森奈津子は暫く読んでいないから、読みたくなった。馬鹿馬鹿しさにパワーが貰えそうな気がする。。。
      2013/08/03
  • トーマの心臓 風と木の詩連想させるギムナジウムもの お耽美な少年愛 突如始まるミュージカル上演 めたくた笑える

  • ゲイ・コメディ。短編集。
    ギムナジウム、ほんとに歌って踊ってた。
    このくだらなさが微妙~。

  • ちょwww

    爆笑した。
    最後の話(表題のもの。)が秀逸でした。
    BLくさいというか、昔のジュネの香りぷんぷんだけど。

    ラストがいい感じの終わり方。

  • あほらしくて面白かった。フランツ可愛い。

  • ゲイコメディ短編集。
    魔女っ子アニメのパロディやら、80年代あたりの少女漫画パロディやら。

    愛すべき阿呆たちがいっぱい出てきて、
    生命力溢れる思考と行動で、
    前向きに生きていくのが、
    いっそ微笑ましく思えます。

    びーえるとは違って、濡れ場もシリアスも皆無なので、
    この阿呆っぷりを単純に笑って楽しんでしまえばいいんじゃないかと。

  • 森 博嗣の「トーマの心臓」読むくらいならこっち読んだ方が何十倍もマシ。

  • ゲイ・コメディなので。

    面白いんだけど面白いんだけど百合ものに比べるとパンチがやや弱い気がするのは何故か。

  • こ れ は 名 作

  • 4編からなるゲイ・コメディ短編集。
    と云ってもエロは一切ナシで、かなり抱腹絶倒(笑

    タイトルに惹かれて(萩尾望都が好きなもので…)図書館で借りて来たのですが、
    あまりのバカさ加減につい購入してしまいました(*≧m≦)ププッ
    タイトルにもなっている短編「踊るギムナジウム」の「踊る」は
    比喩じゃなくて本当に踊ってます。。。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家。1966年、東京都生まれ。作品に、「お嬢さま」シリーズ、『地下室の幽霊』(いずれも学研)など。

「2017年 『脇役ロマンス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森奈津子の作品

ツイートする