小さな小さな魔女ピッキ

制作 : マリット テルンクヴィスト  Toon Tellegen  Marit T¨ornqvist  長山 さき 
  • 徳間書店
2.88
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784198622756

作品紹介・あらすじ

目に見えないほど小さな魔女ピッキは、くさりにつながれた犬や、ひどい目にあっているクマや、まいごの男の子の耳の中に入りこんでささやきます…「くさりをちぎるのよ」「悲しまないで」と。そしてピッキは、人々を苦しめる悪い王さまと、対決することに…?オランダを代表する児童文学作家テレヘンによる昔話ふうの物語に、人気画家テルンクヴィストが絵を添えた、珠玉の大型絵本。オランダでもっとも優れた絵本に与えられる「金の絵筆賞」受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵本で主人公の絵のない絵本?
    なんとも???な絵本だった。


  • なんてダーク・・・だった

  • マリット・テルンクヴィストの絵ということで借りたが、内容は最低!

    目には目を、歯には歯を、力には力を、という思想が、これでもかこれでもか、と出てくる。このような絵本は批判力のない子どもには有害であるとすら言える。

    たしかパスカルだった思うが、「正義なき力は野蛮」という言葉が浮かんだ。知性と想像力のない者が力を持っては危険である。また、力による解決は、ときに大きなしっぺ返しを食うことも歴史の教訓だ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1941年生まれ。作家、詩人、医師。1984年に幼い娘のために書いた動物たちの物語『一日もかかさずに』を刊行後、動物を主人公とした物語を50作以上発表し、文学賞を多数受賞。2016年には、邦訳刊行された『ハリネズミの願い』(新潮社)で本屋大賞翻訳小説部門を受賞した。その他の邦訳作品に『きげんのいいリス』『おじいさんに聞いた話』(新潮社)や、絵本『小さな小さな魔女ピッキ』(徳間書店)などがある。

「2018年 『リスのたんじょうび』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トーン・テレヘンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
辻村 深月
マージェリィ・W...
モーリス・センダ...
デヴィッド ウィ...
ユージーン トリ...
ユリー・シュルヴ...
ばーじにあ・りー...
トーン テレヘン
エドワード ゴー...
ヨシタケ シンス...
ヨシタケシンスケ
イアン ファルコ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする