たった100円で願望実現! A6ノートで思考を地図化しなさい マインドマップを超える超簡単ノート術「シンプルマッピング」

著者 : 松宮義仁
  • 徳間書店 (2008年11月22日発売)
3.26
  • (15)
  • (45)
  • (77)
  • (20)
  • (6)
  • 本棚登録 :451
  • レビュー :62
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198626358

作品紹介・あらすじ

マインドマップのいいとこどりをしたらシンプルマッピングになった!願望実現のための最強ツール!小さなA6ノートだから、スピーディにあなたのアイデアを地図化して、実行プログラムまでを簡単に作成できる。あなたの夢を大きく育てる魔法のノート術誕生。

たった100円で願望実現! A6ノートで思考を地図化しなさい マインドマップを超える超簡単ノート術「シンプルマッピング」の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • トニー・ブサンのマインドマップよりも制約がなく(複数色や図を使えというたぐい)シンプルで実践的。自分にとってのシンプルマップの使い道が模索できそう。

  • 著者は、明治大学卒業後に、パチンコ関連の企業へ就職、その後、パチンコ業界への人材派遣業への転職を経て独立し㈱ア・ベロンを設立。ロングテール理論を実践するPPC広告の活用方法に出会いそれをソフトにして販売、大ヒットを記録し、次から次へとヒット商品を生み出すアイデア・発想力と行動力は業界からの注目を集めている。

    直近においては、日本のソーシャルメディアの潮流のすべてを網羅している著者が実践の中で培ってきたノウハウをフェイスブックに応用して、わかりやすく伝えるセミナーや講演会等の活動も行っている。

    代表作は、「日本人のためのフェイスブック入門」「日本人のためのスマートフォン入門」「A6ノートで読書を超速化しなさい」がある。

    本書は、いわゆる「ノート術」の紹介であり、その「ノート術」にプラスして著者が考え出した「シンプルマッピング」という技術にフォーカスして説明がされている。

    「シンプルマッピング」とは、トニーブザン氏が発案した思考の技術である「マインドマップ」を著者が自分なりに改良を加えて発案したもの。1枚の紙の中心にテーマを記入し、そのテーマを中心として放射線状にサブテーマ等を記入していくという大まかな作成手順については変わらず「思考をシンプルに地図化すること」をポイントしている。

    基本的には「マインドマップ」と大きな差はないものの100円ノートとシャーペン1本あれば事足りるという手軽さという点では「マインドマップ」の7つのルール等に比べればより簡略化されている。

    本書の構成としては以下の5つから成り立っている。
    ①「シンプルマッピング」とは?
    ②「シンプルマッピング」の書き方
    ③5つの「シンプルマッピング」の実践例
    ④「シンプルマッピング」とグーグルでつくる知的生産システム
    ⑤「シンプルマッピング」の可能性

    ③については
    ①「メモマッピング」
    ②「学習シンプルマッピング」
    ③「マーケティングマッピング」
    ④「目標マッピング」
    ⑤「問題解決マッピング」
    の実際の書き方と実践への応用方法が紹介されている。

    たしかに「マインドマップ」を試したものの長続きしなかった人は多いの事実だと思う。私も一年前に「マインドマップ」のパソコンソフトである「アイ・マインドマップ」を購入したものの当初は活用していたものの今は正直いってソフトも開いていないのが現状である。そんな「マインドマップ」活用を挫折してしまいそうな私にもこの「シンプルマッピング」は、場所を選ばずA6サイズのノートとシャーペン1本でどこでもいつでもできるという手軽さは魅力的に感じる。

    「マインドマップ」を使っている時には今までの自分の考えとは違う脳を活用している実感も湧き、たしかに自分の考えの発散・収束をする点では非常に有意義なツールだと感じた。

    これを機に紹介されている「シンプルマッピング」で紹介されている5つの例について自分に合わせた形で「アイ・マインドマップ」を活用して実際に自分なりのマップを作ってみようと思う。

  • トニー・ブザンの「マインドマップ」を簡略化し、実践しやすいものに改めた「シンプルマッピング」という方法が紹介されている本です。

    マインドマップの敷居を下げるという発想は良いと思うのですが、もう少し具体例をあげたり、あるいは実際の活用法について詳しく述べてほしかったように思います。また、Googleカレンダーの活用といった、必ずしも本書のテーマとつながらない事柄についても説明がされており、ページ数の割りに内容が薄いように感じました。

  • シンプルマッピング自体はこれまでも書いていたが、シンプルマッピングをいかにしてアウトプットにつなげていくか、という視点が、この本を読んで、より意識付けできたと思う。シンプルマッピングで、アウトプットを明確にしてスケジュールに落とし込んでいく、というプロセスをより重要視していきたい。

  • 図書館

  • ちょっと自慢話しのようで鼻につく面もあるが人生の目的や目標を明確に持つことをメッセージとして伝えている。また、独自の考えとしてマインドマップではなくシンプルマップ『SMAP』を提唱している。マインドマップを簡易化するものであり独創性はないと思う。しかし、マインドマップを挫折する人の問題をクリアしている点は評価して良いと思う。

  • ブザンのマインドマップのルールを踏襲すると絶対挫折するだろうが、この方法なら気軽に続けられそう。ただ、A6ノートではやはりちょっとスペースが足りなかったからB5のルーズリーフでなどを使っているけど。でも、気楽にマッピングできるようになった。

  • これを読んでから
    日常でマインドマップを使うようになりました。
    メモを取りながら、会議等で考えをまとめたり、理解を深めるのに役立ちます。
    一日のやることリストもマインドマップでやれば抜け落ちを防げます。

  • この人の本で読書観が変わった

    後は実行のみ
    筋トレ感覚で続けていこうと思う

  • なんとなくマインドマップに気が進まなかった理由が分かった。几帳面さと完全主義のせい。シンプルマッピングならすぐに始められそうで自分向き。

全62件中 1 - 10件を表示

松宮義仁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
小山 龍介
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
ジェームズ アレ...
フィリップ・マグ...
有効な右矢印 無効な右矢印

たった100円で願望実現! A6ノートで思考を地図化しなさい マインドマップを超える超簡単ノート術「シンプルマッピング」はこんな本です

たった100円で願望実現! A6ノートで思考を地図化しなさい マインドマップを超える超簡単ノート術「シンプルマッピング」を本棚に登録しているひと

ツイートする