神去なあなあ日常

著者 :
  • 徳間書店
3.87
  • (572)
  • (1083)
  • (715)
  • (73)
  • (10)
本棚登録 : 5104
レビュー : 1023
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198627317

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 物語自体は面白い

    でも、神去村に行ってみたいとか、田舎暮らししたいとか、まったく思わないので、
    こんなとこ住みたくないな〜という目線でしか読めなかった...

  • 合わなくて途中でギブアップしてしまった。

著者プロフィール

三浦 しをん(みうら しをん)。
1976年、東京生まれの小説家。出版社の就職活動中、早川書房入社試験の作文を読んだ担当面接者の編集者・村上達朗が執筆の才を見出し、それが執筆活動のきっかけになった。小説家の専業になるまで、外資系出版社の事務、町田駅前の古書店高原書店でアルバイトを経験。
2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞受賞。2012年『舟を編む』が本屋大賞に選ばれ、翌年映画化された。2015年『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞受賞。また、『風が強く吹いている』が第一回ブクログ大賞の文庫部門大賞を、2018年『ののはな通信』が第8回新井賞を受賞している。
Cobalt短編小説賞、太宰治賞、手塚治虫文化賞、R-18文学賞の選考委員を務める。最新刊に、『愛なき世界』。

神去なあなあ日常のその他の作品

神去なあなあ日常 Kindle版 神去なあなあ日常 三浦しをん

三浦しをんの作品

ツイートする