殺気!

著者 :
  • 徳間書店
2.88
  • (11)
  • (63)
  • (142)
  • (67)
  • (28)
本棚登録 : 626
レビュー : 145
  • Amazon.co.jp ・本 (403ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198628055

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人の殺気を感じるという能力を持つ主人公は、小学生のころに拉致監禁されたことがあるが、カウンセリングによってその時の記憶は封じ込められている。
    同じころ、父親を亡くした友人と、久しぶりに再会し、過去の事件が少しずつ解明されていく・・・・。

    正義、とは何だろう。

    なんだかこの話では、正義っていう確かなものが存在するみたいに書かれていたけど、私はそれについて、とても疑問に思う。

    ずっと誰かを信じて、それで幸せだったのに、ある日ずっと嘘をつかれていたとか、騙されていたとか知って、それでその幸せがなくなってしまうなら、早くにそれを知りたい、と思う。
    だけど死ぬまで知らずに過ごせるのなら、それなら知りたくない、と思う。
    私は騙されていたとしても、知らずに済むなら、それでいい、と思う。
    まぁ、場合によるのかもしれないけれど・・・

    難しい問題かもしれないけど。

    私は絶対、正義はつらぬかない(笑)。
    でも、何かを隠し通したり、犯罪を犯してまで誰かを守ろうとする、ということも、同時にできない、と感じる。

  • 他人の殺気を感じることのできる女子大生が、周りで起きる事件に関わるうちに、自分の過去にふりかかった事件の真相にぶつかっていく。主人公は「白銀を踏みならせ」に出てくる強烈キャラの女性剣士佐々木深紅の従兄弟という設定。こういう繋がりがあると、初めから親近感を持ってしまう。
    ただ過去の出来事をPTSDの治療で全く覚えていないというのは余りにご都合的。また周囲の人が起こす出来事も全てかっとなってが理由というのもスッとしない。

  • タイトルの割には、かわいい装丁だ・・・・
    あれ?作風変わった?って思うほど、女の子っぽい作品。
    確かに青春サスペンスだ。
    「犯人に告ぐ」や「火の粉」のようなのを期待した人には、違和感があるのかもしれない。Amazonの評価が非常に低いのもそのせいか?

    でも、言うほどつまんないわけではなく、私は結構好きだな~。
    主人公のボーイフレンドがなんか笑える。

    ただ、途中の成人式やらファッションショーなんかが、男性読者にはどうでもよく感じられたかもしれないな。男性の筆者がずいぶん今風のファッション?を頑張ったもんだと、感心。

    ストーリー的には、予想通りだったし、意外性は何もなかったけれども、こういうベタな感じが青春っぽいかもしれない。赤川次郎風だ。

    主人公のまっすぐさが、うらやましくもあり・・・。


    賛否両論があるけど、私は好きだな。

  •  祖父からの遺伝で殺気を感じられるようになったましろ。過去に自分が閉じ込められ治療により記憶を
    封印された日の出来事は、親友理美子の父の死と繋がっていた。
     理美子の父は現在の彼幸介の実家早瀬建設で事故死したが、会社の先行きを考えて会社外での事故に
    偽装したのだった。
     自分の記憶を取り戻す中で、ましろにより真実は分かったが、今さら、と感じる理美子に恨みを買うが
    最後には和解した。

  • 主人公は「白銀を踏み荒らせ」や「栄光一途」に登場した女剣士・佐々木深紅のいとこで、深紅が助手を務める多摩学院大学に通う佐々木ましろという女子大生。

    タイトルにもあるようにましろには殺気を感じる特殊な能力があり、それは小学6年生の時に拉致監禁されたことが関係しているのではないかと疑い始める。

    ましろは監禁事件の詳細はカウンセリングによって封印されていたが、自分が何も知らないで生きていることにわだかまりを抱えていた。

    また監禁された日に小学校時代の同級生・理美子の父親が山菜取りに出掛け、転落死していた事実を知る。

    理美子の彼氏と、その彼氏の親が経営する建設会社、その建設会社に勤めていた理美子の父。

    2つの事件は大人の事情によって真実がねじ曲げられていた。

    率直に言えば、殺気を感じるキャラの設定がどうしても必要だったのかなという感想。
    もう少し違うストーリーか、人物をもっと深く書き込んでいた方が、作者の作風が生きてくるような感じがしました。
    女剣士の活躍の場面もなかったし。
    たぶんお惚け役のましろの同級生「友部」が笑えるんだけど、緊張感なくしてる感じがする。

    なので少し評価は厳しめです。

  • 他人の「殺気」を感じることのできるましろ。
    彼女は小学生の時に拉致監禁事件に巻き込まれ、その後カウンセリングで記憶を封印したという過去がある。

    その事件と同じ日に父親を亡くし、今は母親の経営するスナックで働く理美子。ふとしたことから再開した小学校の同級生が、ましろの過去と理美子の父親の死の真相というとんでもないスキャンダルに巻き込まれていく。

    殺気を感じるってすごいですよね。
    現代社会では殺気を感じる機会自体がありそうにないですが。

    最初は青春群像劇のような感じで読んでいたんですが、最後のましろの事件の真相がわかるくだりでは完全にサスペンスで、ページを繰る手が止まりませんでした。

    理美子ちゃん、幸せになってね。

  • 主人公のましろがなんだかちょっと苦手…?で最初が辛かったです。
    友部くんにちょっと冷たすぎるんじゃない?というとこがありましてね……

    でも途中からは一気読みでした。ましろの殺気を感じる能力もかっこいい!と思いました。

    昔の隠していた事件を明らかにすることを嫌がり、嘘の上塗りをしようとしていく人の中で、はっきりさせようとしたましろは、正しくてかっこよかったです。
    でも、他人だからできたことかもしれないけど。それでも、その正しさに救われる人もたくさんいたと思います。

  • 全く面白くない。途中リタイア

  • タイトル通りでした。
    人の殺気を感じ取ることが出来る女の子の物語。
    ましろの経験した過去の事件がどう現在にかかわってくるのかと一気読み。

  • 殺気感知という能力の必然性があったのか疑問。
    でも、全体がまとめあげられているからヨシとしておこう。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/13569372.html

全145件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

雫井 脩介(しずくい しゅうすけ)
1968年、愛知県生まれの小説家・推理作家。専修大学文学部卒業後ひとたびは就職。出版社などを経て、1999年内流悠人(ないる ゆうと)という筆名で応募した『栄光一途』が第4回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、2000年同作でデビューする。
2004年『犯人に告ぐ』が、2004年版「 週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、2005年版「このミステリーがすごい!」で第8位、第26回吉川英治文学新人賞の候補として選ばれ、第7回大藪春彦賞を受賞。豊川悦司主演にて映画化・ドラマ化。代表作となる。
2006年に恋愛小説『クローズド・ノート』を発表し、沢尻エリカ主演で映画化。2013年刊行の『検察側の罪人』は2013年度「週刊文春ミステリーベスト10」4位など評価を受け、2018年8月24日木村拓哉・二宮和也共演で映画化。

殺気!のその他の作品

殺気! (幻冬舎文庫) 文庫 殺気! (幻冬舎文庫) 雫井脩介
殺気! Kindle版 殺気! 雫井脩介

雫井脩介の作品

殺気!を本棚に登録しているひと

ツイートする