仕事で使える ヤクザ親分の名言

著者 :
  • 徳間書店
3.88
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198628925

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 仕事に使えるというより活かせるという方が正確に思う。覚悟の決め方、腹を据えるということはどういうことか、そういう本。

  • ことわるまでもなく、僕と極道の世界との間には接点はない。でも、だからこそ、「怖いもの見たさ」で、ちょっと覗いて見たくなるのが人間のサガというもの。

    義に厚く、情に深い、任侠の世界において、泥臭く、ときには生命をも賭して闘ってきた親分衆の言葉は、実に真に迫った言葉で満ちている。

    ●「どうせ失うものは命だけ。みんなで一緒に死のうや」
     (三代目山口組 元柳川組組長 柳川次郎)
    ●「なんぼ言うたかて、この喧嘩、あんたがたが勝つ喧嘩と違いまっせ。いや、むしろ勝ったらあかん喧嘩やないでっか」
     (四代目会津小鉄会長 高山登久太郎)
    ●「通れる道をあけてください。イヤといわれるなら大きな岩を動かしますよ」
     (三代目山口組二代目柳川組組長 谷川康太郎)
    ●「自分の尻が腐るか、刑務所の床板が腐るか、勝負するという根性で刑務所に行ってこい」
     (四代目山口組組長 竹中正久)
    ●「ワシの願いは日本一の親分のもとで、日本一の子分になることや」
     (三代目山口組若頭 山本健一)

    決して、極道の世界だけにとどまらない、一般(堅気)の世界を生きる僕たちにも通ずる「生きた金言」もたくさん紹介されている。

    ●「弱きを助けるということが、この稼業で一番大事なことだと思ってるんだ」
     (極東会会長 松山眞一)
    ●「意地は山の如く動かず、情は海の如く広く、魂は炎の如く燃え、根性、信念、反骨、そして、花も実もある男たれ」
     (西部連合総裁 西山久雄)
    ●「一刻の拱手傍観は百刻の後悔につながる」
     (義人党初代党首 高橋義人)
    ●「正しきをもって退かず。己に正義あらば、信念を曲げるべからず。退くことなく、一貫して筋の通る戦いをせよ。それが不退の真意なり」
     (松葉会初代会長 藤田卯一郎)
    ●「男には強さに裏打ちされたやさしさがなければならない」
     (住吉会会長補佐 住吉一家大日本興行最高顧問 鈴木龍馬)

    「仕事で使える」とタイトルにあるが、ビジネスだけにとどまらず、すべての人(とりわけ男性)があらゆる場面で使える言葉もたくさんある。

    また、名言にまつわるエピソードも、任侠に生きる男らしく、恰好いい。僕の胸に響いたエピソードをいくつか挙げると次のとおりだ(詳細は本著でご確認されたい)。

    ●京都・三条のクラブ『ベラミ』での「三代目山口組・田岡一雄組長狙撃事件」
    ●柳川一派が挑んだ「鬼頭組殴り込み事件」
    ●伏見・中書島の賭場でのトラブルに対する、三代目会津小鉄会図越利一総裁の対応
    ●森田組と横江組とが一触即発の関係になったとき、横江組の実弟と交わした森田幸吉初代の言葉

    ありきたりのビジネス名言集よりも、異色ともいえる本著のほうが、100倍学べる。ぜひ読まれたし。

  • 良いですが、仕事には使えないと思います。
    そんな状況ならないですから。

  • 10/3読了

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1953年、山形県生まれ。法政大学卒業後、フリーライターとして活躍。ベストセラーとなった『ヤクザに学ぶ』シリーズ他、著書多数

「2019年 『最強武闘派と呼ばれた極道 元五代目山口組若頭補佐 中野会会長 中野太郎 増補版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山平重樹の作品

ツイートする