クスリは飲んではいけない!?

著者 :
  • 徳間書店
3.73
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198629359

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本を読んで、クスリを飲もうと言う強者はいないと思う。げにおそろしきは、知らぬことかな。
    健康診断、クスリ抜きの菜食主義で長生きしたいと思う。

  • クスリはあかんことだと皆さんに気づいて欲しい。

  • ふうん・・というかんじ
    説得力があるようなないような

  • 安保徹先生推薦書という事で、購入。薬の怖さ、デメリットを知っておくべきだなという事を切に感じた。

  • 船瀬俊介の本を読んだのは20代。あのいわゆる有名なシリーズ。
    私は薬は瞬時に治すときに限り素晴らしいものだと思いますが、飲み続けることの危うさ。どうして「飲み続けている」ことに疑問がわかない人たちが多いのだろうと思っていました。
    これを機にいろんなことを考える人が増えるといいなと思います。

  • 0218276632

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1950年、福岡県生まれ。九大理学部を経て、早大文学部社会学科卒業。日本消費者連盟スタッフとして活動の後、1985年、独立。以来、消費・環境問題を中心に執筆、評論、講演活動を行う。主なテーマは「医・食・住」から文明批評にまで及ぶ。近代の虚妄の根源すなわち近代主義(モダニズム)の正体は、帝国主義(インペリアリズム)であったと指摘。近代における医学・栄養学・農学・物理学・化学・建築学さらには哲学・歴史学・経済学まで、あらゆる学問が“狂育”として帝国主義に奉仕し、人類支配の“道具”として使われてきたと告発。近代以降の約200年を「闇の勢力」が支配し石炭・石油・ウランなどで栄えた「火の文明」と定義し、人類の生き残りと共生のために新たな「緑の文明」の創造を訴え続けている。有為の同志を募り「船瀬塾」主宰。未来創世の端緒として、「新医学宣言」を提唱、多くの人々の参加を呼びかけている。

「2019年 『世界に広がる「波動医学」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

船瀬俊介の作品

ツイートする