拝金

著者 :
  • 徳間書店
3.62
  • (231)
  • (580)
  • (457)
  • (114)
  • (28)
本棚登録 : 3175
レビュー : 541
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198629663

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホリエモンの自伝が読みたくて読んだ.前半はフィクションの割合が多いが後半はノンフィクションが多くなる(と思う)もちろん面白いのは後半.

  • だいぶ前に読んだんだけど再読。基本的にホリエモンの自伝をフィクションに置き換えた内容ではないだろうか。実際に彼が体験したことも織り込まれているらしい。彼のような人生を送ることは大抵あり得ないのでそれを仮想体験できるというのがミソかな。

  • 堀江さんのポジションは優作と思いきや・・。
    フィクション表示はあるけど時期や人物見るに
    限りなく実話に近いとか?
    成功していく過程は勢いがあって面白かった。

  • ベンチャー企業をどう起こすか、金持ちになるコツのようなものと金持ちの世界とをわかり易くテンポ良く書かれた小説
    どこまでがフィクションかも分からないがそこを推測するのもおもしろい
    参考になる言葉などもいくつもあり。

  • 言わずと知れた“ホリエモン”こと、堀江貴文氏の処女作。例の事件にて、収監される前に書き下ろした作品だと思われる。
    読み終えた感想としては、一言、面白い。
    巻末にて堀江氏が、「フィクションだからできる“ノンフィクション”」と書かれていたが、正にその通り。
    どれが実話で、どれが作り話か。それを考えながら読むだけでも、充分楽しめる。

  • 大金を持つことで、お金にとらわれずやりたいことを自由に発想できるようになる。そこで燃え尽きる場合もあれば、燃え上がる場合もある。後者でいるためには、お金を持つ前から自分の望みをよく考えておくことか。

  • 堀江さんの自叙伝なのかな?なんか前半は事実を脚色してフィクションストーリーを作り上げようと頑張っているようだったけど、後半は完全に事実から名前を変えた程度のストーリーになっていた。でも、読みやすかったし、ちょっとしたビジネス本よりもビジネスに参考になるようなヒントもあった。もちろん堀江さん目線だから偏った部分もあるけど。。。
    主人公は一見、黒幕にただ動かされているようだけど、黒幕はヒントしか与えていない。きっかけをモノにする。ビジネスの成功はこれに尽きると感じさせられた。

  • ホリエモンがあとがきで言っているが、自分は、この本を読んで突き抜けることができるのか?
    このような本を読む目的の一つはモチベーションを上げることだと思う。
    成功する人は、本を読んで即行動に移す。
    失敗する人は、本を読んで間違った行動を起こす。
    成功しない人は何もしない。
    自分も含めたほとんどの人が成功しない人生を選んでいるのだろう。
    内容としては読みやすく、どの部分がフィクションなのか想像しながら楽しめた。

  • 最近外に出たあの方の処女作。
    自伝です。色々と意見はあるだろうけど、期待せずにはいられない。

全541件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1972年、福岡県八女市生まれ。実業家、株式会社ライブドア元代表取締役CEO、SNS media&consulting株式会社ファウンダー。宇宙関連事業やオンラインサロン運営、作家活動など幅広く活動。

「2020年 『スマホ 人生戦略』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀江貴文の作品

ツイートする