成金

著者 :
制作 : 佐藤 秀峰 
  • 徳間書店
3.50
  • (57)
  • (152)
  • (158)
  • (31)
  • (15)
本棚登録 : 1070
レビュー : 139
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198630966

作品紹介・あらすじ

「世界に風穴をあけるぞ。僕らがいま生きているのはそのためでしかないんだ」PCオタク、元カリスマ青年実業家、女子大生…個性的な面々が揃う"チーム・AKKA"。彼らは天才プログラマー・堀井健史のもと、新興IT企業を巧みにまるめ込み、資産の一部を中抜きしていた。最終目標はITベンチャーの雄、株式会社LIGTH通信の乗っ取り。携帯電話の販売代理店事業を全国展開し、創業10年あまりで時価総額5兆円の大企業へと登りつめた、ITバブルの象徴的存在だ。史上最大の下克上。チーム・AKKAは勝利を手にできるか。前作『拝金』から遡り、物語の舞台は1999年、渋谷へ-。IT勃興期を駆け抜けた男たちの野心を圧倒的リアリティで描く、まばゆくも壮絶な青春経済小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 阪神淡路大震災は95年。ベンチャーブームはあの後。今回の地震の後にも日本を変えようという盛り上がりが出て来ることを期待させられる。
    たまたまこのタイミングで読んだからそう感じるのかもしれないが読書って時期により変わるものだから。

  • ホリエモンの2作目。
    前回より数年前の話。ITバブルが始まる前、先駆けて業界を牽引してた人たちが出てくる。
    これまたどこまでがほんとうの話かはわからないが、話としては前回よりスピード感があって面白い気がする。

  • 時代は変わり、流行はいつか終わる
    いつまでも王者ではいられない

    引き際、攻め時

    マスコミ操作で大衆を動かす
    日本ではどんな大きな組織も
    大衆のイメージで潰される

    成金の世界はスリリング
    面白いな

  • 一気読み。読みやすいように配慮して書かれているのが気になることもあったけど、読みやすかった。

  • 久しぶりの経済小説。著者はホリエモン。
    自分が当時17歳の時に初めて堀江貴文さんの著書『稼ぐが勝ち ゼロから100億 僕のやり方』を読んで、早くも10年。かつて時代の寵児であった堀江さんに憧れ「若くても起業経営が出来る」と大きな目標となった。その彼は2005年以降、様々な出来事に巻き込まれたが、この経済小説は1990年代〜2000年代のITベンチャーバブル(特にソフトバンクの孫さんとSBIの北尾さんであろうモデル)にフューチャー。経済小説としてはサラっとしているが、IT業界のバックグランドがあればより楽しめる1冊。

    実に感動的な1節を改めてここに覚え書き。
    『成金は攻めるのだよ、どんなときでも。負けそうだから、相手に喰われそうだからといって決して逃げたりはしない。いいかね、『歩』は強いのだ。ひたすら前に進むしかないからだ。敵陣に突っ込むしかないからだ。相手にすればこれ以上の脅威はない。『と金』になるしかない、そうわが身の定めを知る思慮深き『歩』は強いのだよ(p.155)』

  • 拝金を読んだあとに読むと楽しさ倍増です
    作品としては前作の方がスピード感があって好きです

  • 最近ゴーストライターとバラされてたけど積読になってたので読んだ。拝金に続いて面白かった。

  • 金で動かされる人間はダメだ。価値のあるんは、金でしか動かない本当のプロか、金では動かない最高のアマチュアだよ。
    ITの本質は無料にある。使い放題であるべきだった。
    自由な意思がなければITの世界を勝ち抜くことは不可能だ。思い立ったらリスクをかけてでも突っ込む。そのためには誰の制約も受けない企業体質を維持する必要があった。大手の傘下に入る。信じ切ることだ。その先には必ず未来が開かれている。絶対に世界で勝てる。僕たちが最も優れている。

  • ホリエモンの小説、第二弾。処女作である「拝金」に登場する、オッサンの若かりし頃の話。
    「拝金」がIT時代の話だったので、こちらはそれが到来する頃までの話。いかにして、IT時代は訪れたのか。その時代を知らない者としては、非常に興味深かった。
    前作同様、小説としては素っ気ないかもしれない。しかし、選り好みはあるにせよ、それを補って有り余る魅力的なネタが詰まっていた。

  • 拝金を読み終えてからの成金。
    良く知らないけど、どちらもフィクションとノンフィクションを織り交ぜての話になっているんだと思う。
    興味深い事件(出来事?)をダイジェストのように進めていくゆえに、ストーリーとしての精度に波があって読みにくかった。
    もっと一つの事件をフォーカスした方が面白く読めそうな気が。。。

全139件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1972年福岡県八女市生まれ。実業家。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。現在は宇宙ロケット開発や、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」「マンガ新聞」のプロデュースを手掛けるなど幅広く活動を展開。有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」は1万数千人の読者を持ち、2014年には会員制のコミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」をスタート。『ゼロ』(ダイヤモンド社)40万部超、『本音で生きる』(SBクリエイティブ)、『多動力』(幻冬舎)など30万部超のベストセラーがある。

「2018年 『英語の多動力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

成金のその他の作品

成金 青春経済小説 Kindle版 成金 青春経済小説 堀江貴文
成金 (徳間文庫) 文庫 成金 (徳間文庫) 堀江貴文

堀江貴文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
村上 春樹
堀江 貴文
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

成金を本棚に登録しているひと

ツイートする