成金

著者 :
制作 : 佐藤 秀峰 
  • 徳間書店
3.49
  • (59)
  • (152)
  • (163)
  • (32)
  • (15)
本棚登録 : 1098
レビュー : 143
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198630966

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホリエモンの小説、第二弾。処女作である「拝金」に登場する、オッサンの若かりし頃の話。
    「拝金」がIT時代の話だったので、こちらはそれが到来する頃までの話。いかにして、IT時代は訪れたのか。その時代を知らない者としては、非常に興味深かった。
    前作同様、小説としては素っ気ないかもしれない。しかし、選り好みはあるにせよ、それを補って有り余る魅力的なネタが詰まっていた。

  • 拝金を読み終えてからの成金。
    良く知らないけど、どちらもフィクションとノンフィクションを織り交ぜての話になっているんだと思う。
    興味深い事件(出来事?)をダイジェストのように進めていくゆえに、ストーリーとしての精度に波があって読みにくかった。
    もっと一つの事件をフォーカスした方が面白く読めそうな気が。。。

  • 小説という形で書かれているが,著者の体験段が元になっている.

    そのため,リアリティがあり,さらにノンフィクション部分でそこの部分を膨らませている.

    読み終わりにこの記事を読んだ.
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1008/24/news011.html

    登場人物のモデルとなっている人を調べるの面白い.

    拝金の後に読んだが,個人的には拝金の方が面白いと感じた.

  • 目指せ100冊! 10/100

    久しぶりの更新になってしまった泣

    今回読んだ本は『成金』 著者 堀江貴文

    前回読んだ『拝金』に次ぐホリエモンの二作目です。
    時代は遡ってITバブルが起こっている時代、そして、
    ホリエモンと思われる堀井が主人公となっています。

    ストーリーはITバブルが隆盛を誇っていた2000年に堀井が率いるチームAKKAが
    ITのベンチャーの雄、LIGHT通信へと勝負をしかけるという内容。

    前回もそうだったのだが、これはフィクションなのか、リアルなのかが
    分からないこの何とも言えない想像を掻き立てられる感じが非常に面白かった。
    ホリエモンがどういったことを考えそして行動してきたのかが少し分かったような気がした。

    ITバブルの時代がどのようなことが行われてきたのかは知らないが、
    色んな想いや、夢、野望などが交錯せいていたことは間違いないと思う。
    小さなオフィスから始まる様々な夢がすごくステキだなと思う。

    このタイトルである成金の意味もなるほどなと思うw
    とりあえず行動することもやっぱり大切!

    ってことでこれもなかなかオススメですよー!

  • 個人的には1作目のほうが好みでした。
    今回は過去に遡っての物語になってます。

  • 拝金の方がおもしろく感じたのは、実際の事件の様子をタイムリーで見て、覚えていたからだろうか…?
    これもおもしろいし読みやすいのは同じ。『成金』の方がなんかドロドロした裏側を描いている感じがしました。

    ただ、前半はやや退屈&下品(笑)
    後半は前作同様、練りに練られた買収工作がスリリングで、おもしろかったです。

    著者は『拝金』『成金』どちらから読んでも良いと書いてましたが、僕のオススメは『拝金』『成金』の順です。

  • 堀江貴文による小説第二弾。
    ネット勃興期のビジネスの攻防を描いた作品。リアリティがあるのか私には分からないが、疾走感があって引き込まれる。IT産業の可能性などが垣間見れる作品。

  • 良くも悪くも、前作「拝金」の補完書という印象。

    時代の転換期を取り巻く人間模様の描写は迫力がある。

    ただ、やはり小説としての趣味の悪さと細部の荒さは目立つ。

    前作と併せて、「情報を伝えるための物語」というチャレンジについては、

    先に挙げたような課題を残しつつも、秀逸であった。

  • おもしろかった、のですが「拝金」のほうが、勢いがあったというか、丁寧に作りこまれている感じがありました。いくつか誤植?もありましたし…。少し粗い感じがありました。

  • 前作「拝金」から10年ほど遡った頃で、前作のオッサンの若かりし頃、ベンチャー創業期の頃の話。

著者プロフィール

1972年、福岡県八女市生まれ。実業家、株式会社ライブドア元代表取締役CEO、SNS media&consulting株式会社ファウンダー。宇宙関連事業やオンラインサロン運営、作家活動など幅広く活動。

「2020年 『スマホ 人生戦略』 で使われていた紹介文から引用しています。」

成金のその他の作品

成金 青春経済小説 Kindle版 成金 青春経済小説 堀江貴文
成金 (徳間文庫) 文庫 成金 (徳間文庫) 堀江貴文

堀江貴文の作品

ツイートする