いやでも人生が好転する! ウラ目の法則 ピンチを成功に変える㊙テク

著者 : 西田文郎
  • 徳間書店 (2011年5月18日発売)
3.93
  • (9)
  • (12)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :98
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198631758

いやでも人生が好転する! ウラ目の法則 ピンチを成功に変える㊙テクの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幸せも成功も裏目がスタートなのです。
    努力は準備運動にすぎません。
    努力して裏目が出た時がスタートなのです。
    成功者はそれを知っています。
    凡人はそれを知らないから成功できないのです。
    成功者と凡人の違いは、たったこれだけしかありません。

    <裏目が表目になるまで>
    裏目→ショック→怒り→分析・評価:問題点を追求して前進する
    <裏目が出たら、快になる行動をして切り替える>
    ●結論
    1 まずは正しいことを一生懸命やって出た裏目から克服する(2番目は間違った裏目が正しい結果となった)
    2 裏目が出たら、脳を快にするための行動をとる
    3 絶対に成功すると信じる
    4 闘争心を裏目だけに向ける
    5 解決策に基づき行動する
    ●ちょろいの法則
    ●ざまみろの法則(と思って這い上がる)
    ●ガラガラくじの法則(あとはあたりしか残ってない)
    ●かもの法則(裏目をひっくり返せるかも)
    ●金脈掘りの法則(何があっても諦めずにひたすら掘り続ける)

  • ◆成功者は知っている裏目の法則とは
    1 裏目は正しいことを真剣にやったときに出る
    2 裏目はひっくり返せば幸福に変わる
    3 裏目はまたやってくる
    4 裏目は完璧に近づく一里裏
    5 裏目は進歩ではなく進化を導く
    6 裏目は真実の友を授ける
    7 裏目は何歳からでもひっくり返せる

    ◆3 裏目克服法
    ・成功者の行動パターン
    裏目が出る→ショック→怒り

    脳が快になる行動をする
    →何も考えずに熱中できるもの。なるべく体を動かすものがよい。家の中より外の方が良い
    例:カラオケ・買い物・スポーツ

    解決策を考え行動

    ◆4 ビジネスと裏目の法則
    ・イメージデザインは成功の必須条件
    大切なのは自分で思うより周りの評価

    あなたが有能でも醸し出しているイメージが悪かったら有能だと思えない

    ・ツキの有無もイメージデザインで変わる

    ・第一印象で人の値打ちは決まる
    最初に貼られたレッテルは剥がせない

    第一印象から形成される考えを初頭効果という

    ・裏目の特効薬 イメージデザイン構築法
    最強のビジネスパーソンに必要なのは他者に操られない人間であること

    他者に操られるスキを与えない毅然とした態度でいるとレベルの高い人からは一目置かれる

    人に気を遣わせる自分を演出

    ・女性の品性と品格は最高の武器
    女性で仕事を続けていくには敵にしたらこわいイメージを作っておくこと

    普通の女性と違うと思わせるには品性と品格

    品性と品格がある人には敬意を皆、払う

    女性は最高のマナーを身に着けておくこと

    ◆5 男と女の裏目の法則
    ・モテル男ともてない男の分岐点
    女性にもてたいならどんどんナンパすること
    お断りの経験を積み、女性の心理を学ぶ

    もてる男のすごいところは絶対に落ちない女を瞬時に見極め声をかける

    そのような女性は最初から男が諦めて声をかけない事が多い

    ・女性の幸せも裏目の法則
    男で失敗しても考えや行動を変え人生で成功する人もいる

    ・将来性のあるいい男の見極め方
    理想の男はいなくてもあなたを幸せにしてくれる男は
    1 すでに成功している男
    2 ツキをじる力のある男
    3 恩を感じる力が有る男
    4 人を喜ばせるのが好きな男
    5 将来のこと、仕事、子供のことを自分の思うようにさせてくれる男

    愛されて結婚するのが重要

    相手に気を遣うのでなく、相手に気を遣わせることがかえってこの女は他の女と違うと思われうまくいく

    ・男はみなできの悪い6歳児だと思え
    どんな男も環境順応型の女性がタイプ(我慢タイプ)

    かわいい6歳児の脳をした会社の上司をいたわってあげる

    夫を優秀にしたいならいつも脳が快になる言葉をかける

  • 優しいのではなく、ただ甘いだけ...

  • 自分を下手に出ていたのが全ての元凶だと気付けた本。相手に気を遣わせるようにしなきゃダメ。
    働く女性は最高のマナーを身につけ、品性と品格を磨く

  • ウラ目をウラ目と認識
    「楽しんで」ウラ目を乗り越える

    この2つができるようになるまで、繰り返し読みたい。

    そして同じくらい自分にとって重要なのは「イメージデザイン」、自分の見られ方を作るというぉとだった。
    自己価値観が低いのもしっていて、その影響で仕事の値段を低くしすぎてきた。そして「見られ方」を最低レベルにしていたことが輪をかけ、自分で落とすわ、人の評判も上がらないわのダブル技を自分にしかけていた。

    実際、昨日イメージデザインを施したところ、4ヶ月間一緒にいた人たちの態度が一変。イメージデザインの威力を体験したと同時に、ないがしろにすることの怖さを思い知った。イメージデザインはセルフマネジメントの一つだと思うが、これをしていないことで損している人はやはり8割くらいなんだろうか。

    探し続けていたセルフマネジメントの知識もだいぶ溜まり、佳境に入ってきたと思う。地味に進めてきたが、これを吸収したら一気にスピードが上がる気がする。

  • 人を操る人になろう。
    操られる人だと一生貧乏症。

    夫はデキの悪い6歳児なので優しくしてあげよう。

    人を操る人になろう。
    操られる人だと一生貧乏症

  • ・ウラ目は物事を本気で向き合えば必ず来る
    ・ウラ目は成功一歩前の証し
    ・ウラ目はひっくり返すとクセになる
    ・最高のアイデアはウラ目の時に思いつく
    ・ウラ目克服のステップ
     1.脳が快になる行動をとる
     2.絶対に成功すると信じる
     3.闘争心をウラ目だけに向ける
     4.解決策にもとづき行動する

    ・最後の最後に「つまらない人生だった」と思って死ぬほどつまらない人生は無い
    ・「ちょろいの法則」と「ざまあみろの法則」

  • おなじみのメンタルトレーナーの西田氏の著書。
    以下がウラ目の法則
    ・ウラ目は正しいことを真剣にやると出る。
    ・成功者はウラ目が出ると喜ぶ。
    ・ウラ目はひっくり返すと楽しくなり、くせになる。
    ・最高のアイディアはウラ目の時に出る。
    ・成功者はウラ目を使って大化けする。
    ・ウラ目は真実の友を与えてくれ、孤独から守ってくれる。

    つらいこと、苦しいことは、本気だからこそ起き、それを克服することで
    人は大きく成長し、かけがえにないものを得ることができる。
    ウラ目を楽しめる人間になり、挑戦を続けていく意欲がわく1冊。

  • あの事があったから今がある
    ってのはよくある話。物事の
    見方、解釈の仕方が成功者は
    違うという事。何事もチョロイ
    と思えばチョロイ。毎日ビジネス書
    の書評をする・・うんチョロイ。
    簡単に読めて重要な本です。

  • 頑張ってきたのにどうして、とは言わなくなるような一冊。思考の転換が図れます。

全13件中 1 - 10件を表示

西田文郎の作品

いやでも人生が好転する! ウラ目の法則 ピンチを成功に変える㊙テクはこんな本です

いやでも人生が好転する! ウラ目の法則 ピンチを成功に変える㊙テクを本棚に登録しているひと

ツイートする