テロルのすべて

著者 :
  • 徳間書店
3.44
  • (13)
  • (31)
  • (40)
  • (12)
  • (1)
本棚登録 : 216
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (139ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198632120

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦争には断固反対する。テロにも全く共感を持たない。けれど沸点にまで到達する怒りが自分にも飛び火しているのに気づき震えた。ここまで巨大な「敵」にではなくとも自分もやり場のない怒りに燃え尽きそうになった経験もある。(対抗する術も勇気も気概もなかったからそのままいつか消えてしまった程度の怒りではあったけど)
    テロに走る人間の思考過程の一部を垣間見た気がする。

  • 相変わらずこの作家の書く内容には共鳴しますね。ただ、400字詰めで200枚程度という短さは物足りない。凝縮はされているが、一口しか飲めないのは残念。この時期に刊行するという確信犯や、電子書籍の自炊を拒否する姿勢がナイス。

  • 結局誰が悪くて誰が正しいのとかないのかも。一般的に悪いと思われてても、別方向から判断すると悪くなかったり。

  • どうなるんだろう、どうするんだろう、とドキドキしながら読み進めました。疾走感。この言葉に尽きると思います。「ここまで意志を研ぎ澄ましてきたか?研ぎ澄ますことができるか?」という問いかけにして、挑戦状。

  • 主人公は裕福で頭が良く、少なくとも表面的には活発で明るい。ところが米国については世界の覇者気取りでいることが全く耐え難い。何とかしなくてはならないと考えた彼はマサチューセッツ工科大学に留学し、計画を実行すべくことを進める。彼は世界を変えることが出来るのだろうか。長編にしても面白くなりそうだが、著者はあえて短くしたのではないだろうか。走り抜けてしまったような感じがする佳作である。アメリカ人以外のまともな人達にとって、かの国についての感覚というものは(程度の差こそあれ)方向的には主人公と一緒であろう。其れをどうしたら良いのかは人夫々であろうが・・・

  • 民宿雪国が非常に興味深い作品だったので、作者読みをしてみようかと思い

    手元に買ったままにしていたテロルのすべてを読む事に。

    薄かったので、息抜きにぴったりかな?と思ってスマイル

    作品としてはアメリカに対する恨みを持つ主人公が、テロを起こすまで

    カウントダウンしながら進んで行く。主人公がたまたま同い年の設定。

    なので時代感覚は誰よりも共感しやすかった。

    でも何だろう。人間ってそんなに単純なのかな?憎しみを持続させる事すら

    心を守る為に思い出を美化する人間には難い。

    とても賢く、人を見下しているこの主人公の感覚は想像しか出来ないけれど

    こんなものかな?違和感が強い。そして短い。

    樋口さんはこんな作品を書きたかったのかな?湧き上がるような想いを

    ぶつけた様な文章には感じなかった。と言いつつ樋口作品読みますけどね。

  • ページェント【pageant】《もと、中世ヨーロッパで祝祭日に演じられた宗教劇の移動舞台》1 祝祭日に行われる大規模な仮装行列やショー。2 野外劇。
    マリファナ ハーバード大学 インド人 ガンジー ワンピース 長崎 原爆 自殺 この世に復讐 テキサスレンジャーズ 大塚 ヒスパニック スペイン語 ブッシュ オバマ
    gree(アグリー)・・・同意する
    ugly(アグリー)・・・醜い、不快
    スラムドッグミリオネア 目には目を グッドウィルハンティング ユナボマー シティオブゴッド グラントリノ ナイトシャラマン サイン トウモロコシ畑 太陽を盗んだ男 不幸なことに不幸がなかった 中国系アメリカ人ジェニファー 犬 保健所 10匹に1匹 加虐心を煽る 南京大虐殺 浜田省吾 Jboy 8/6 8/9

  • 樋口さんのだと他の本のほうが好き、なんだけど、86年生まれとして86年生まれが主人公であるところのこの惜しい感にはっとせざるを得ない(ひどい感想だな)

  • 正直あまりおもしろくない。オマージュだといっているけど、全体的に太陽を盗んだ男だし。途中でグラントリノだし。ちょっと浅い。

  • 主人公と同い年。つまり、同世代による「太陽を盗んだ男」。

    この作家はタブー(とされているもの)を突き付けることで、「お前はどうだ?」と語りかけてくる。きっかけは与えられた。自問の果てに答えを見つけるも、拒否反応を示すのも自分自身だ。

全38件中 1 - 10件を表示

テロルのすべてのその他の作品

樋口毅宏の作品

ツイートする