ゆうやけ公園

著者 :
  • 徳間書店
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198632700

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 近藤ようこの描く人物はいつも何かに囚われている。傍から見れば瑣末なことに雁字搦めにされ、そこから逃れるという考えさえも見つからない。状況が変わるとは常に下方への修正でしかない。だから近藤ようこの現代モノは読んでいていたたまれなくなるんだよな。実生活との地続き感が希薄な時代モノが距離感的にちょうどいい。

  • 短い人間ドラマのあつまり。レディスコミックにありがちなメロドラマになりそうで、ならないところが、よい。

  • 心に残り、心が動き、心があたたまる。そんな作品です。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

新潟県生まれ。國學院大學文学部在学中に『劇画アリス』に掲載された「灰色の風景」で漫画家デビュー。1986年「見晴らしガ丘にて」で第15回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。『ルームメイツ』『アカシアの道』など映像化された作品もある。主な作品に『死者の書』(上下)、『夢十夜』(原作:夏目漱石)、『戦争と一人の女』(原作:坂口安吾)などの原作ものやオリジナル作品『異神変奏』など多数。

「2017年 『たそがれの市 あの世お伽話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

近藤ようこの作品

ツイートする