神話がわかれば「日本人」がわかる 古事記は日本を強くする

  • 徳間書店
3.91
  • (2)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198633356

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本人の原点は神話にありとして、その集大成である古事記を読み解くことでバブル崩壊以降自信を失った日本人に背骨を通し、しっかりしたアイデンティティを確立できると説く。神話(古事記)の理解は一朝一夕にはいかないな、もう少し関連書なども読んでみたい。既にあと二冊ポチ済みでもあるだ^^

  • 非常に勉強になったし、確かに国際的なコミュニケーションの上で、自国の史観はとても重要だと思う。日本の場合は皇国史観。海外との軋轢でナショナリズムが高まっている今こそ、日本神話の伝承活動が必要だ。
    また、天照大神と須佐之男命との軋轢の解釈も、天照大神が自分の非を感じ須佐之男命を責めず、また、それを反省し成長していくという、日本神話が神の成長記でもあるという視点が面白かった。

  • 古事記じっくりと読んでみたくなってきた。

  • 戦後、日本国民から神話を取り上げられたことによって、現代人は拠り所を失ってしまったことはとても残念だと思った。
    今、もう一度、皆が1つの大きな物語を持つのは無理な時代になってしまったけど、日本神話から今学ぶべきことは多いなぁと思った。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

京都大学名誉教授

「2021年 『日本人として知っておきたい世界史の教訓(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中西輝政の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
佐藤 優
竹田 恒泰
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×