ソロスの警告 ユーロが世界経済を破壊する

制作 : 藤井清美 
  • 徳間書店
3.67
  • (4)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198633707

作品紹介・あらすじ

ソロスが読み解くユーロ危機と最終震源地アメリカ経済の行方。大崩壊を回避するための唯一のプランを示す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ファイナンシャルタイムスなどにソロスが 定期的に記載しているものがまとまっているため、 同じ事を繰り替えし勉強できます。
    そう言う意味で彼の言わんとする事をしっかりと理解できます。
    ジョージソロスの考えは、正しいと思います。
    皆さん是非読んでみて下さい。 ユーロの問題の本質がよく理解できます

  • 金融関係の仕事には就けないな。
    それが正直な第一印象。
    けれども、CDSもユーロもそれをデザインした人がいるハズです。それが暴走を始める。そう考えると原発問題とおなじようなもんですかね。
    いずれも理解の範囲を超えているし、コントロールは超むずかしいし、

  • ブックフェアで片隅にあったので手に取った。

  • 経済学に通じた1人の人間としてのソロス氏は尊敬して止まない。
    『ソロスは警告する』から前著『ソロスは警告する2009』を経ての今回の本のリリース。個人的には前作がイマイチだったので、今回の内容には満足。

    一貫して哲学者の彼のフレームワークは『可謬性』と『再帰性』に基づき、極めて筋の通る理論である。つまりは、効率的市場仮設の否定。

    今回のユーロ圏危機についての記述、中国についての記述には本当に納得させたれたし、今後の展開に目が離せない。

    やはり、ソロスは凄い人間だと改めて認識し直しました。

  • ジョージ・ソロス (著), 藤井清美 (翻訳)
    ユーロ崩壊と金融メルトダウンは目前に迫り、未曾有の経済危機はすでに始まっている…。ソロスが読み解くユーロ危機と、最終震源地アメリカ経済の行方。大崩壊を回避するための唯一のプランを示す、緊急提言。

  • ジョージ・ソロス、さすがはグーロバルマクロのヘッジファンドを率いていた投資家だ。ちゃんと問題点と真実を理解している。日本の中枢にいるバカ共はこのことを理解していないか、理解していないふりをしているかのどちらだろうが、それで日本は苦労しているわけだ。

    ユーロ危機の中長期的な解決策を示す者は多くいるが、それまでの欧州経済を支える短期的な目標を示す者はいない。ソロスは短期的な目標を本書で示している。

    どこの国でもルールは一緒。デフレ下で増税を行うことは愚策でしかない。

全6件中 1 - 6件を表示

ジョージ・ソロスの作品

ツイートする