この国はどこで間違えたのか ~沖縄と福島から見えた日本~

  • 徳間書店
3.97
  • (9)
  • (15)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 143
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198635091

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  東日本大震災後の沖縄タイムスによるインタビュー集。

     福島と沖縄は日本という中央(全体)に対してとても似た一面を持っている。その事実を識者の言葉で再認識することができる一冊。結論というものは出ないが読んでおきたい一冊だと思う。

     福島と沖縄から本当の日本が見える。

  • この国はどこで間違えたのか

    インタビュー記事の形で、日米と原発の問題=沖縄と福島の問題に焦点を当てた本。
    はめられた元福島県知事佐藤さんの言い分は、とても読みたかったので、読んだのだが、佐藤さんの項はインタビュアーの言葉と佐藤さんの言葉、ほぼ均等というぐらいだったのが、、、ちょっと残念。
    対談本苦手な私にはやはり、読みづらかったが、深い内容をしっかり書かれている。(ただ反体制からの見方に偏ってる??)
    それにしても私には読みづらいので、、、☆3

    まえがき

    ーとこまでも属国根性
    (内田樹/思想家・大学教授)
    70年代明治人が退場
    米國衰え「神話」崩壊
    学生運動根底に反米
    政治家の顔つき変化
    誰も米国に問わない
    在沖基地敗戦の債務
    「2度と負けない」精神
    米箪駐留日本が希望
    自衛隊恐れる政治家
    美化と差別使い分け
    小さな共同体に活路

    ー「ムラ」の瓦解は早い
    (小熊英二/社会学者・大学教授)
    「かつての日本」崩壊
    利権政治の機能不全
    原発コストは青天井
    安保残る最後の聖域
    対抗的専門家育てよ
    紙一重の依存と自立
    「無駄」「危険」は通る
    「さようなら原発10万人集会」にて

    ー物語の中に答えはない
    (開沼博/社会学者・大学院生)
    中央への「自発的服従」
    推進派の中の「善意」
    1年後、関心あるか
    地元は割り切れない
    ムラ内外価値の断絶
    地域守るしたたかさ
    成長幻想の相対化を
    どう「縮む」かを探る
    複雑な現実見据えて
    局長発言歴史の修正
    「DASH村」と「ちゅらさん」
    奪われてなお憧れる
    警告だけむしろ迷惑

    ー自治踏みにじる原発
    (佐藤栄佐久/元福島県知事)
    自治を躁躍する国策
    戦前の官僚体質温存
    国策の前に司法の壁
    分断される国民
    見返りの恩恵の限界
    チェック効かないメデイア
    「自主」の原理に戻れ

    ー神話にすがる日本人
    (佐野眞一/ノンフィクション作家)
    新聞言葉まるで官報
    桜に見た「沈黙の春」
    検証もせずなし崩し
    刻む「捨て身の抗議」
    既存の対立越え発想
    復帰しても基地不変

    ーカネの切れ目は好機溜
    (清水修二/経済学者)
    都市に帰属する地方
    被害額「恩恵」の15倍
    利益還元政治の源流
    利益誘導双子の制度
    「アメ」を拒む自治体の出現
    リスク負う南北の端
    回り続けるコマ構造
    リベンジの落とし穴
    地元に対案求めるな
    誘致の「総括」は必要
    幸福観迫られる転換

    ー「なつかしい」未来を求めて
    (広井良典/大学教授)
    成長志向と決別の時
    若者サポート充実を
    行き詰る中央集権
    米追従高まるリスク
    地域再生愛郷心が鍵
    身近に幸福のヒント

    ー徹底的な破滅から光
    (辺見庸/ジャーナリスト・詩人)
    3・11支援 米の真意
    「トモダチ」を美談化
    「国難」盾に押しつけ
    ファシズム醸す気運
    増幅する破局の予感
    激変に無自覚な社会
    露出した差別の構造
    ルサンチマンの有無
    沖縄側の沖縄観を問う
    虚妄に覆われた時代
    肝苦りさ闘いの原点

    あとがきにかえて

    巻末資料「沖縄と福島の関連年表」

  • 沖縄が返還されてから40年、福島第一原発一号機が稼働を始めてから41年という年月が経って、その地でどのようなことが起こってきたのかをこの本を読むまで、ほとんど知らずに生きてきたのであって、それはまさしく多くの日本人(沖縄・福島の人を除く)の姿であるのかも知れない(自己を弁護するつもりではない)。かように、私たちは他の人々の苦しみに無関心であり、また他の人々の犠牲のうえに生活が支えられていることにさえ無自覚に生きているのである。でも、当事者の気持ちになることのなんと困難なことか!

著者プロフィール

うちだ・たつる 1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。ブログ『内田樹の研究室』。



「2019年 『そのうちなんとかなるだろう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田樹の作品

ツイートする