詩の礫 起承転転

著者 :
  • 徳間書店
2.50
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198635763

作品紹介・あらすじ

2万2千人超のフォロワー、各メディアを共感させたツイッターに放たれる福島からの詩人の叫び。3・11から2年を経て、その言葉の力は、どこまでこの国に届いたか-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • やっと、読み返すことができました。高橋源一郎「今夜も一人ぼっちかい」のおかげです。
     https://plaza.rakuten.co.jp/simakumakun/diary/201908100000/

  • いいのかなかったことにされちまうぞ。俺たちはやはり再びの時間の稼動を認めてしまうのだろうか…。2012年3月15日から2013年2月17日まで、ツイッターに放たれた福島からの詩人の叫びを収録。

    苦手かも・・・。

  • 詩なのか? 自ら詩人だと称える 現代詩だと分類する 言葉の作品だと酔う 不安 憎悪 悲哀 どうだどうだ 鬼だ鬼だ 推敲のない表現の羅列 スマホ サーバ ネットワーク 電気を使って 詩を 言葉を 礫にして 激しく 執拗に投じ続ける ツイートが本として 未来に遺される 僕には放射能のようだ

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1968年福島生まれ。詩人。国語教師。第4回中原中也賞、第47回晩翠賞、みんゆう県民大賞、NHK東北放送文化賞、福島県文学賞、第1回ニュンク・レビュー・ポエトリー賞などを受賞。東日本大震災以降、ツイッター上に詩を投稿、『詩の礫』『詩ノ黙礼』『詩の邂逅』を3冊同時刊行し、大きな反響を呼んだ。

「2021年 『Transit』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和合亮一の作品

ツイートする
×