金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?

著者 :
制作 : 西原理恵子  夏野剛  西村博之  藤沢数希  船曳建夫 
  • 徳間書店
3.55
  • (57)
  • (178)
  • (166)
  • (39)
  • (4)
本棚登録 : 1418
レビュー : 179
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198636043

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ほぼメルマガの再編成の内容だが、仮釈放後にメルマガ会員になったので、新鮮で面白かった。どうしてこの著書のタイトルをこんな名前にしたのか解らないが、主にメルマガ読者とのQ&Aについての内容。獄中の中でこれほどのビジネスアイデアを考えていた事にビックリ。
    船曳 建夫教授の「堀江氏は思想家」という言葉に妙にしっくりしました。

  • 譁?唱辟。縺励?莠斐▽譏溘?
    蜀?ョケ縺ッ縲√?繝ェ繧ィ繝「繝ウ縺後Γ繝ォ繝槭ぎ隱ュ閠?°繧峨?繝薙ず繝阪せ縺ク縺ョQ縺ォ遲斐∴繧九?縺ィ縲√ン繧ク繝阪せ讒区Φ縺ョ邏ケ莉九?
    邨占ォ悶?
    繧?▲縺ア繧贋サ穂コ九?螂ス縺阪↑縺薙→繧偵☆繧九%縺ィ縲る?縺ッ蠕後〒縺、縺?※譚・繧九?ら悄逅?□縺ュ縺??ゆソコ繧ゆサ穂コ句ォ後>縺ョ繝、繝?→縺ッ蜒阪″縺溘¥縺ェ縺?@縺ュ縲ゅ▲縺ヲ縺?≧縺九?√◎繧薙↑縺ョ縺ー縺」縺九□縺代←w

  • ビジネスをしたいけどアイデアが無いと嘆く前にこの本を読んだ方が良い。
    人は思考を働き続ければここまで次々とアイデアを思いつくものなのかな?
    今までのどのビジネス書よりも為になった。すごい。

  • どんな状況だろうと幸せは感じるし、ビジネスはできる、というのを実践しているホリエモン。獄中という世の中でかなり上位に入る不自由な環境でもできるのだから。この人は天才だけど、その思考回路には学ぶところ大有り。

  • 堀江さんの本は何冊か読んでるが、8.9割型当たり。

    この本では、ITが浸透して行ってる昨今のビジネスチャンスを、色んな分野、側面から提示してくれていて、発想力が豊かになる。

    そして特別解説からも、堀江さんの本質を突く人生観というものが露わになっていて、そこを参考にして生きたいと思った。
    堀江さんの人生観、
    それは、幸せになる為にはなにをすべきかと言う自分の問いに、光を差し示してくれるものだと感じています。

  • ホリエモンの企業アイディアをシンプルにまとめた一冊。全ての内容が短めなのでいつも読みやすい

  • インターネットやリアルにとらわれる事なく、
    自由な思考でビジネスアイデアを繰り広げてくれる

    自分の思考が凝り固まって、狭い視野になっていることを
    気づかされた。

    世間でのホリエモンのイメージとは違い、

    お金を稼ぐことも大事だけど、
    「やりたいことをやらないで、どうするの?」

    自分の行動を振り返った一冊です。

    ホリエモンは、努力をしているというイメージはありませんが、
    やりたいことは何があってもやる!

    という努力家なんだな!こんなことを言われるのは、本人は嫌いかもしれませんが、そう感じさせられました。

    とにかく好きなことのアイデアを出して、
    実行し続けて、その分野で1%の一番を目指す。

    シンプルに実行していくことなら、バカでもできますからね。

  • ちょっと見方を変えるだけで、日常にはこんなにビジネスのチャンスが埋まっているんだなと感じた。
    それがまた、ある程度のネット技術と行動力さえあれば誰にでもできそうなところがすごい。
    「思考の補助線」コーナー(堀江さん含む)が面白い。かなり共感できるし、今後の生き方の参考になる。

  • まずは自分が好きなことを楽しむ。好きなことでなければ続かないし、自分の思考の枠に制限をかけずに取り組めばよい。
    これだけ価値観が多様化した世界で、周りの目線にとらわれて自分がしたいことを行わないのはもったいない。楽しんだ者勝ち。
    っていうのがこの本のエッセンス。世の中は意識せずともすでにみんながグローバルな環境にいるわけで、個人でニッチなビジネスができるITインフラは揃っている。あとは自分がやるかどうか。気負わずに、楽しんでチャレンジすればOK!!
    という点を再認識できた。

    多くの興味深いビジネスのネタや発想も盛り込まれているし、必読の一冊。

  • どんな状況でもお金を稼げる人。超合理主義な人。
    お金持ちを目指すのではなく、自分のやりたいことを追究することが大事。くだらないプライドや意味のない情報はバッサリ捨てて、堀江さんのようにトンガっていこうって思いました。

    ●思考停止しない。常に考える。
    ●好きな事をやる。
    ●思考にまで手錠を掛けられてはいない。
    ●お金持ちはあくまで結果。遊んで楽しく自己実現するほうが大事

著者プロフィール

■堀江 貴文(ホリエ タカフミ)
1972年福岡県生まれ。実業家。
SNS media&consulting株式会社ファウンダー。
現在は自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリのプロデュースを手掛けるなど幅広い活躍をみせる。
主な著作に『多動力』(幻冬舎)、『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)、『10年後の仕事図鑑』(共著・落合陽一/SBクリエイティブ)などがある。

「2019年 『小説 多動力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?のその他の作品

堀江貴文の作品

ツイートする