2014 長谷川慶太郎の大局を読む (一般書)

  • 徳間書店
3.78
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198636760

作品紹介・あらすじ

例年恒例の『大局を読む』シリーズ。現役最年長の国際エコノミストが今、世界で起きていること、起きようとしていることを豊富な経験と卓見で読み解く。シェールガス革命でやっと明るい兆しが見えてきた米国経済。アベノミクス効果で受けに入る日本。相変わらず低迷するユーロ。崩壊の予兆が見えてきた中国。経済発展に危険信号がともりだしたインド、ブラジル、ロシアなども俎上に乗せ日本の指針を示す。世界は日本の重厚長大技術を必要とする。

著者プロフィール

国際エコノミスト。1927年京都生まれ。1953年大阪大学工学部卒業。新聞記者、雑誌編集者、証券アナリストを経て、1963年に独立。1983年に出版した『世界が日本を見倣う日』(東洋経済新報社)で、第3回石橋湛山賞を受賞した。

「2020年 『中国は民主化する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長谷川慶太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×