波形の声 (文芸書)

著者 : 長岡弘樹
  • 徳間書店 (2014年2月14日発売)
3.20
  • (9)
  • (38)
  • (88)
  • (15)
  • (5)
  • 本棚登録 :344
  • レビュー :81
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198637521

作品紹介

補助教員の谷村梢小学校四年生の中尾文吾が自宅で襲われた。補助教員の谷村梢は文吾から、スーパーで教師の万引きを目撃したと聞いていた。だが襲われる直前、梢の名前を呼ぶ声を近所の人が聞いていたという。疑惑の目を向けられた梢は……。「日常の謎」を描く珠玉のミステリー集。
【収録作品】「波形の声」「準備室」「蚊」「黒白の暦」「ハガニアの霧」「宿敵」「わけありの街」

波形の声 (文芸書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『教場』から引っ張られて手にとってみた。
    期待値が高すぎたのか、割りと興奮することもなく、
    するっと読み終わる。
    それは、いいことなのか、悪いことなのか・・・

    短編集ということで全部が全部、評価はできないが
    中には面白いものもある。という短編集らしい後味でした。

  • 長岡弘樹短編集。

    軽い感じで読めるミステリー。

  • 短編集。表題作は☆四つ。

  • 長岡弘樹さんの本は【教場】に次いで2冊目。
    ミステリー短編集。
    とても読みやすく、一気読み。
    7編のうち、タイトルにもなっている『波形の声』は特に面白かった。
    蟹が横歩きではなく前進した謎は「なるほど~!」と。
    後編2編がいまいち好みではなく…
    ☆3つとなりました。

  • 波形の声
    宿敵
    わけありの街
    暗闇の蚊
    黒白の暦
    準備室
    ハガニアの霧

    一気に著者の本を読んでいるせいか、少し物足りなさを感じ始めてしまった。
    少し、腑に落ちない展開の話もあり、ちょっと物足りない。

  • サラッと読めるが、考えながらじっくり読んで、読み終わったら回想して、一息おいて次の話へと進む読み方が合う。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/14666686.html

  • ミステリー短編集。
    あっという間に読んでしまった。
    欲にまみれた人間は怖い。

  • 短編集でつながりも無く物足りない。

  • 短編集で、つながりもなかったので、特に衝撃的な展開でもなかった。普通かな。

  • 短編集。

全81件中 1 - 10件を表示

長岡弘樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

波形の声 (文芸書)を本棚に登録しているひと

ツイートする