世界が憧れる 天皇のいる日本 (一般書)

著者 : 黄文雄
  • 徳間書店 (2014年4月16日発売)
2.55
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198637538

作品紹介・あらすじ

現存する世界最古の国は中国でもギリシャでもない。日本である。易姓革命を繰り返してきた中国は、数百年に一度、そっくり別の国になってきた。欧州でもギリシャを引き継いでいる国などない。日本だけが万世一系であり、それは世界から羨望の的なのである。その証拠に、宋の太宗は日本の万世一系を羨み、昭和天皇の崩御の際には、世界34カ国が喪に服した。こうしたエピソードを交えながら、天皇をいただく日本だからできた世界最高の国づくりを検証。

世界が憧れる 天皇のいる日本 (一般書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルが一番に印象的。中身は大したことない。

  • 近くにいると見えない、わからないが、外からその評価を聞いて急にすごい事だったんだ。と知り驚く事は時々起こる。

    天皇の「万世一系」も、中国の皇帝との比較をするまでもなく世界でも特殊な例であり、世界で尊敬されている事をこの本で知った。

    しかし、同じような話が繰り返されるのと、天皇とは関係ない二宮尊徳の話など出てきて読むのがつらくなってきた。

    我々の子供の時は、戦前の日本は間違っていたが基本の考え方だったせいかこの本の随所に出てくる、戦前の日本賛歌ともとれる表現にぎょっとしてしまう。

    ここまで称賛されると、本当か?と眉唾では?と脳裏をかすめながら読んだ。

  • 2674年の歴史を持つ,世界最古の国が日本である。万世一系で受け継がれてきた天皇の存在のよるものである。なぜそれを学校では教えないのだろうか。日本の歴史教育は,なぜ建国から教えずに「考古学」から始まるのか。はなはだ疑問である。

  • ありがちな内容だった。。

全4件中 1 - 4件を表示

黄文雄の作品

世界が憧れる 天皇のいる日本 (一般書)はこんな本です

ツイートする