雪のおしろへいったウッレ (児童書)

  • 徳間書店
3.93
  • (5)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198637644

作品紹介・あらすじ

6歳の誕生日にスキーをもらった男の子ウッレ。雪がふると、真っ白になった森に出かけました。キラキラとかがやく森の奥で出会った霜じいさんに、ウッレは、冬王さまのお城へつれていってもらいました。スキーをたのしんだ冬がおわり、やがて、雪どけばあさんがやってきて…。冬のおとずれから春のはじまりまで、季節のうつりかわりを、北欧の森を舞台にファンタジックに描きます。初版1907年の名作絵本。徳間書店の子どもの本20周年記念作品。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • シュタイナーの本

  • 子供にとって雪は、大切だわー

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1874~1953年。スウェーデン生まれの児童文学作家・絵本作家。6人の子どもを育てながら、数多くの物語・絵本を残した。その作品は、北欧だけでなく、世界中で、何世代にもわたって愛されている。主な作品に『もりのこびとたち』『ペレのあたらしいふく』(福音館書店)、『どんぐりぼうやのぼうけん』(童話館出版)、『おひさまのたまご』『しりたがりやのちいさな魚のお話』(徳間書店)などがある。

「2021年 『ロサリンドとこじか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エルサ・ベスコフの作品

ツイートする
×