天の光 (文芸書)

著者 :
  • 徳間書店
3.21
  • (1)
  • (12)
  • (20)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 96
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198637972

作品紹介・あらすじ

柊清三郎は福岡藩の普請方の三男。十七歳で仏師の修行に入り、師匠の娘おゆきの婿に望まれた。しかし、仏性が見出せず、修行のため、三年間京に出る。戻ったとき、師匠は賊に殺され、妻は辱めを受け、行方不明に。妻のおゆきが豪商・伊藤小左衛門の世話になっていると判明し、お抱仏師に志願して、十一面観音菩薩像を彫った。しかし、抜け荷の咎で小左衛門が磔となり、おゆきも姫島に流罪になってしまう。清三郎はおゆきのため、姫島に渡ろうとして…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 意外にサクッと。鑿の音が「サクッ」だからか(笑)

  • サラサラっと読めました。武士ものが私は好きなんだなぁと再確認。

  • 葉室さんの本にしては、サクっと読めすぎた内容だった。
    仏師・柊清三郎が本物の仏師となる物語。
    木に仏性を見出せず苦悩する中で、師匠や妻おゆきが苦難に逢い、おゆきを助けるためにひたすら木に向き合って仏を彫っていく。
    静かに黙々と木を彫り続ける中に、とても熱い想いを抱いている。
    誰かを愛おしみ、慈しむ心はどんな想いより強いんだ。
    ただ、ここまできたのにラストはちょっと残念。

  • 天は耐えられぬほどの苦しみは人に与えないものだ。わしは天からこの苦しみに耐えられると見込まれたのだと思っています 木に物性はなく、人に物性あり、仏像を彫るとは、すなわち、わが物性を木に注ぎ込み、仏の像となすことになり 

  • 柊清三郎が、師匠の浄雲に娘のおゆきとは夫婦のままで京で修業をしたいと申しでた時に、「手中にないものを得るためには手にしているものを失うのが道理」と諭された言葉が、テーマとなったストーリーであった。私も、この言葉を忘れないようにしたい。

  • L

    仏師の一生。
    仏の話もあっていささか厳かな気持ちに。
    仏師だけに基本静だけど、熱いものもってます。
    ただ結果的に自己満足で終わったような。
    戦いに鑿を使った時点で終わったような…。
    さくさく読めます。

  • 子ども読み物のような…

  • 仏師の話。主人公が悩みに悩むのだろうなぁと想像できたので、それは予想通り。ただ何か足りないまま終わってしまった印象です。おゆきの苦しみは分かりますが、それが直接読者に伝わってこない気がしました。だから清三郎への共感も上滑りしてしまうのかもしれません。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

葉室 麟(はむろ りん)
1951年1月25日 – 2017年12月23日
福岡県北九州市小倉生まれ。西南学院大学文学部外国語学科フランス語専攻卒業。地方紙記者、ラジオニュースデスク等を経て小説家に。2005年に短編「乾山晩愁」で第29回歴史文学賞受賞(のち単行本化)、2007年『銀漢の賦』で第14回松本清張賞受賞、2012年『蜩ノ記』で第146回直木賞受賞、2016年『鬼神の如く 黒田叛臣伝』で第20回司馬遼太郎賞受賞。
上記以外の代表作に、2018年9月に岡田准一主演で映画化される『散り椿』、第22回山本周五郎賞候補及び第141回直木賞候補だった『秋月記』がある。

葉室麟の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
葉室 麟
葉室 麟
葉室 麟
東野 圭吾
葉室 麟
葉室 麟
葉室麟
葉室 麟
浅田 次郎
青山 文平
葉室 麟
冲方 丁
葉室 麟
三浦 しをん
冲方 丁
朝井 まかて
浅田 次郎
池井戸 潤
宮下 奈都
三浦 しをん
葉室 麟
葉室 麟
池井戸 潤
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする