岩窟姫 (文芸書)

著者 : 近藤史恵
  • 徳間書店 (2015年4月9日発売)
3.47
  • (13)
  • (84)
  • (94)
  • (12)
  • (1)
  • 本棚登録 :411
  • レビュー :96
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198639334

作品紹介・あらすじ

後輩アイドルが自殺した。あんなに可愛らしくて、みんなから愛されていたのに……。しかし、沙霧の死を悼む暇もなく、蓮美は激動の渦に巻き込まれる。沙霧のブログに、蓮美のいじめが原因で死ぬとかかれていたのだ。身に覚えのない蓮美は、己の無実を証明するために沙霧の死の真相を追う。「サクリファイス」シリーズの著者が、女たちの葛藤や嫉妬を鮮やかに描き出す!

岩窟姫 (文芸書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人気アイドル逸見沙霧が飛び降り自殺した。
    その原因とされたのが同じ事務所に所属するアイドル蓮美。
    その日から蓮美の生活は一変する。
    身に覚えがないどころか、仲の良い友達と思っていた沙霧の死の原因とされてしまい…
    蓮美は自分の無実を証明しようと、沙霧の死の真相解明に乗り出すのだが…

    なかなか重いテーマなのに、近藤さんのミステリーはさらさらと読めてしまう。
    やっぱり近藤さんの本は好きだなぁ…

    • けいたんさん
      こんにちは(^-^)/

      この本、いつも表紙に惹かれます(笑)
      なぜだろう、吸い込まれてしまうのです。
      近藤さんの作品、タルトタタンも読みやすかったです。
      でも、さすがに今回のとは違う雰囲気かな。
      2016/02/25
    • azu-azumyさん
      けいたんさん、こんにちは~♪

      コメントのお返事がすっかり遅くなってしまって…
      ごめんなさいね~♪

      「胡蝶殺し」もそうだけど、近藤さんの本、日常のミステリーといいつつもほんのちょっと重み(?)があるものも~
      これも「タルトタタン」とはちょこっとテイストが違うかな~^^

      私は近藤史惠さんとの相性、相当良いのでは~?と思っています^^
      2016/02/28
  • まさかまさかの最後のどんでん返し!芸能界は恐ろしいところだと感じる。タイトルも意味深。面白かったけれど主人公はこの先どうやって生きていくんだろうとか消化不良な点も。

  • 同じ事務所で仲の良かった人気モデルが突然の自殺。
    それも自分が原因のように言われているって……。
    事実は全然違うのに、周りから
    「あなたってそういう人」
    と決めつけられるのはキツイなぁ。
    そりゃ、部屋に引きこもってしまうよ。
    それでも、助けになってくれる人がいるってありがたい。
    反逆できてヨカッタね。

  • 筆者は、この手の作品(芸能界)の作りはうまいと感じる。胡蝶殺し、とかと通じる感じがある。サクサク読めて、謎が解明していくが、動機が少し弱いかな。

  • 芸能界で活躍する若い女性が、同じ事務所で仲のよかったアイドルの自殺によって、身に覚えのない嫌疑をかけられる。生活が一変した主人公は、自分の汚名返上のために自殺の真相を探っていく。

    一気に読んだが、核となる芸能界の裏側の事情というのも、今さら感が。最後にサプライズがあったものの、全体的には空き時間にさらりと読めるようなお手軽ミステリーといったところ。
    『サクリファイズ』シリーズは好きなんだけどね…。

  • アイドルの麗美。
    親友と思っていた同じ事務所のアイドルの自殺の理由が、
    麗美のいじめによるものであるとネットで騒がれ、
    引きこもり生活に。。。

    読みやすい文章で、次が気になり一気読み。
    最後は端折ってまとめちゃった感は否めないが
    読後感は、悪くない。

    印象的な文章:「未来はセーブポイントのあるゲームではない。選ばなかった方の未来はどうやっても見ることは出来ない」

  • 蓮美(れみ)19歳 (本名:鈴木昭子)
    逸見沙霧(本名:豊原沙希)、自殺?
    波木チホ 21歳
    斎木光
    〈カラメルミルク〉
    星野:マネージャー
    青木治雄:元社長
    菊池:社長
    佐原:マネージャー

  • 2015.7/2 持っていき方に少々無理があるけれど、ずんずん読まされてしまうのが近藤史恵作品♪そして現実の芸能界でも多少なりともあるんだろうなと思わされてしまう。

  • 友人の自殺によって濡れ衣をきせられ汚名返上の為に真実を探るお話。
    芸能界のお話でかるーくさくっと読めた。
    最後は意外でびっくり。

  • これから、どうするか、だよね。

全96件中 1 - 10件を表示

近藤史恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
長岡 弘樹
湊 かなえ
宮下 奈都
米澤 穂信
米澤 穂信
道尾 秀介
三浦 しをん
坂木 司
坂木 司
宮部 みゆき
湊 かなえ
辻村 深月
湊 かなえ
近藤 史恵
恩田 陸
吉田 修一
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする