竜宮電車 (文芸書)

著者 :
  • 徳間書店
3.24
  • (2)
  • (7)
  • (28)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 133
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198639563

作品紹介・あらすじ

男が出社すると、会社が倒産していた。それを恋人に告げると彼女が出て行ってしまった。上手くいかない現実をなんとかしてくれるという竜宮電車に乗るには、切符が必要だが、それを手に入れるには……。
『幻想郵便局』『幻想電氣館』などで好評の著者が、青年、少年、神様を主人公に、三本の連作で贈る切なく優しいハート・ウォーミング・ストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 連作短編でそれぞれの登場人物が次の話にもでてくるが、途中で終わってしまっているのでもう少し人物像が欲しかった。
    突然電車の話が出てきて謎も多い。

  • 夢の中だったり現実だったりで乗る竜宮電車が、表紙のイメージもあって銀河鉄道みたいに幻想的。特別のフリーパスや乗車券にときめく。ただ各話の繋がりが微妙にすんなり来なくて、それぞれ主張し過ぎる感じなのか、ぎくしゃくした。「竜宮電車」の、お子様ランチを食べる大人ふたりが可愛かった。「フリーター神さま」の、ハロワに通ったり、神託機能のある携帯電話を使ったり、お花屋さんでアルバイトをしたりする神さまが、惚けていて好ましかった。

  • 20170219読了

  • こういう小説好きです。ファンタジーが現実世界と絶妙に絡み合って。

  • 【収録作品】竜宮電車/図書室の鬼/フリーター神さま 
    *何もできない神さまという設定は、好きな人が多そう。ドラマ化してもいいかもしれない。

  • オムニバス形式短編集じゃないのか??と思わせておいてラストのオチ。
    アサコ先生、相変わらずだな~~!
    「ミステリらしいミステリ」ってほんと先生のためにある言葉だと思うの・・・。
    ジンジンの話は何か気合いを感じたけど先生も続編書く気満々みたいですね!
    里奈ちゃんと周作さんのコンビめっちゃすきだな・・・ってか里奈ちゃんかわいいな・・・と思ったらまさかのラストでガチで周作さんに惚れてんのかよ!と思ったら志穂子さんもまだ周作さんを想ってるとか。何気に堀川アサコ先生の書く恋模様めっちゃすきです。『竜宮電車』、色々まさかが詰まってた。

  • 「竜宮電車」失業して彼女と別れ騙されて。叔母のお見舞いで出会ったおじいさんたちは本気で腹が立つ。こういう人いるよなぁと思いました。「図書室の鬼」転校して死んでしまったユウナから学校の図書室にある鬼という字がタイトルについた本を自分の年の数だけ読めば、どんな願いもひとつだけかなうんだって、と聞く。中3のツトムはママゴンから逃れたい。「フリーター神さま」職を転々としハローワークに通う神仁。花屋で働くことになり事件に巻き込まれる。
     竜宮電車は神通力の電車で乗るとどんな憂いも取りのぞく場所へと運んでくれる。連作短編。

     文字が大きい。表紙が素敵。幻想シリーズより雰囲気が好きかもです。ユウナが死んでしまった理由って書いてなかったような。ジンジンでまた書かれるようですが、ジンジンはそんなに好きではないんだよなぁ。

  • 竜宮電車、乗ってみたいです。

  • 連作短編集。どの話も幻想的な電車がキーワードになり別れだったり、家族関係や人間関係のどろりとした感覚であったり、何となくくるしい。どの話も最後は多少光が見れたのでよかったのかな。ラストのフリーターの神様の話が一番好みでした。

  • フリーターの神様の話が特に良かった。
    ただ、ジンジンの風貌がイヤだった。ボサボサ頭に無精髭、全身から煙草臭さを発してるなんて、ちょっと衝撃的。私の中の神様って、清貧でも小綺麗なイメージなので、何となく受け入れ難くって。一般社会でも小汚かったらは印象良くないでしょ?まぁあまり神様らしくないところが親しみやすくはあったんだけど。

    三編とも話が短すぎるな(短編だから仕方がないけど)。せっかく面白かったんだから長編でたっぷり読みたかったなぁ。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

堀川 アサコ(ほりかわ あさこ)
1964年生まれ、青森県出身の小説家。
2002年、『芳一――鎮西呪方絵巻』が第15回小説すばる新人賞の最終候補。2006年、『闇鏡』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、デビュー。
文庫化されている『幻想郵便局』が書店員たちの後押しもあって大ヒットし、「幻想」シリーズとして人気を誇る代表作となった。

堀川アサコの作品

ツイートする