青トレ: 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ

  • 徳間書店
3.84
  • (5)
  • (8)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 125
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198640149

作品紹介・あらすじ

今年の箱根駅伝では、驚異的なタイムで優勝を遂げた青学駅伝チーム。タイムはもちろん、笑顔で走り切る選手の姿は、多くの視聴者にインパクトを与えた。そのチームが、普段取り組んでいるコアトレーニング&ストレッチの基礎を初公開したのが本書。神野大地選手を始めとした人気選手といっしょに出きるDVD付きで、ランナーはもちろん、走ってヤセたい人、健康になりたい人にはピッタリの、楽しく安全に取り組めるランニングの新しい教科書!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 原イズムを感じる一冊。面白かった。

  • ガンバって筋トレする感じではなく、気軽に取り組めるのが良い。

  • 体幹トレーニングのやり方を解説しています。
    体幹を鍛えることは、最近はやりですが、行っているスポーツごとで必要な筋肉があります。この本では長距離を走るために必要なインナーマッスルへの力の伝え方、鍛え方、などを解説しています。

  • マラソンに特化したコアトレ。日常生活に関するコアトレは別の本を購入。
    3つのステップに分けて紹介。ステップ1をマスターしてから次ステップへと移行しないと効果がない。ステップ1をクリアするまでには半年はかかるものと考える。

    ステップ1だけタブレットへ。筋弛緩法(緊張をオフにしないと入眠の妨げになる。この弛緩法で脱力した状態を体が覚えると、自分が緊張してるか判断できる)もタブレットへ。

  • 今日から実践してみよう。特に動的ストレッチ。これまでの朝ランでは、軽くアキレス腱を伸ばすだけで走り出していたので、変えていきたいと思います^^;

  • 青学の毎日のコアトレーニングが現役選手をモデルにかかれている。コアトレーニングはどこをまず鍛え、次はこの筋肉をと系統だててすることが重要らしい。昔のアキレス腱のばし、屈伸といった体操ももちろん大切だろうけど、体幹を鍛えずして進歩はないといったことが原監督とトレーナーの対談からうかがえる。時折はさんである選手のプロフィールが若さがはじけていて楽しい。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

はら すすむ 青山学院大学陸上競技部監督。1967年、広島生まれ。世羅高校では全国高校駅伝準優勝。中京大では日本インカレ5000mで3位入賞。89年に中国電力陸上競技部1期生で入部、5年で選手生活を終え、サラリーマンに。新商品を全社で最も売り上げ、「伝説の営業マン」と呼ばれる。2004年に現職に。09年に33年ぶり箱根駅伝出場、15年に同校を箱根駅伝初優勝に導いた。16年の箱根駅伝では連覇と39年ぷりの完全優勝を達成。そして、17年には箱根駅伝3年連続総合優勝、大学駅伝3冠という快挙も同時に成し遂げる。

「2019年 『青学駅伝選手たちが実践! 勝てるメンタル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青トレ: 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチのその他の作品

原晋の作品

青トレ: 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチを本棚に登録しているひと

ツイートする