突然死の危機に陥る中国と韓国: 悪あがきを繰り返し

  • 徳間書店
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198640965

作品紹介・あらすじ

2016年に入り再び始まった上海株と人民元の大暴落、そして台湾での独立派政権の誕生など、ますます追い詰められている中国。それに伴い、中国に傾斜していた韓国経済は崩壊危機に陥り、米国から迫られた慰安婦問題の日韓合意で国内分裂、さらには北朝鮮の水爆実験で朴槿恵政権は大混乱に陥っている。反日で共存共栄するつもりだった両国の思惑は外れ、むしろ共倒れへと向かっている。最新情勢から中国、韓国とアジアの今後を第一人者が読み解く!

著者プロフィール

1949年、東京都生まれ。評論家。慶応義塾大学法学部を卒業後、時事通信社入社。政治部記者、ソウル特派員、宇都宮支局長、「時事解説」編集長などを歴任。2009年に定年退社し、評論活動に入る。著書に『呆韓論』『ディス・イズ・コリア』(産経新聞出版)、『悪韓論』『日韓がタブーにする半島の歴史』(新潮新書)、『韓国人がタブーにする韓国経済の真実』(共著、PHP研究所)、『崩韓論』『なぜ日本人は韓国に嫌悪感を覚えるのか』(飛鳥新社)など多数。

「2018年 『米朝急転で始まる 中国・韓国の悪夢』 で使われていた紹介文から引用しています。」

突然死の危機に陥る中国と韓国: 悪あがきを繰り返しのその他の作品

室谷克実の作品

ツイートする