バカとつき合うな

  • 徳間書店
3.81
  • (79)
  • (140)
  • (101)
  • (17)
  • (3)
本棚登録 : 1561
レビュー : 177
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198647056

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルだけを見ると、そうなのかと思ったりして読んでみたら、その定義は色々とあり成る程と思う事もあり。堀江氏の他の著書と同じく、書いてある事は一貫として同じであったりするが、それ故に本質は変わらないと言う印象。西野氏と共著みたいなところは、一冊で2倍楽しめる事もあり。二人ともイメージは賛否両論に分かれますが、食わず嫌いな人も読んで損はない一冊と感じます。

  • 2人のオンラインサロンやメルマガを読んでいるので、特別新しい考え方はない。
    そして、概ね賛成である。
    そう思うのはこの2人のイノベーターの思考をある程度自分のものにしているからなのかもしれない。
    すらすら読める軽さはあるけども、内容は物事の本質をついていると思う。
    この本を宗教の経典のようにただ崇めるのではなく、物事を自分で考えるための考え方のひとつとして覚えておきたい。

  • 似た者同士のインフルエンサー二人による共著。これまで彼らが発してきたメッセージやマインドに共感している人ならば間違いなく面白く読める内容だろう。「悪いバカ」とはどのような思考や行動をする人なのか具体的に示した上で、何故それが自分に対する不利益となるのか簡潔にまとめていくスタイルは軽快で読みやすい。「いいバカ」の定義もなかなか面白く、その強みとメリットは確かに一理あると感じた。西野氏の「堀江貴文はホリエモンを演じている」という評論も必見。斬新な解釈だけど、なるほど!と妙に納得してしまった。愛だね、これは。

  • ★要約
    ・やりたいことをやれ
    ・仕事だけしてるんじゃねぇ。無駄なことをするな。
    ・人と違うことをするのは、得をすることだ。
    ・金持ちでは無く、「信用持ち」の時代。信用を換金することができる。堀江とか箕輪とかがそうだ。
    小利口になるな。利口は良いが、利口よりも強いのが「バカ」だ。
    ・小利口は、少し考えて、失敗するリスクを考えて辞める。将来の自分の設計図、目標とする姿から逆算して、それから外れるようなことはやらない。
    ・利口は、時間を掛けて考えに考え抜いた末に、やることを決断する。
    ・バカは、何何も考えずに、即刻、やる!結果として、利口と同じ結論を出しているが、利口が費やす「考える時間」を要しない点で、利口よりも優れている。
    ・だからバカになってとにかく何も考えずにあれこれやりたいことをやりまくるのが一番だ。
    ・堀江は、何でもやりまくることが大事だということの原体験として「ヒッチハイク」を挙げている。
    ・100人に断られても、載せてくれる1人に出会うために失敗をしまくるしかない。
     人生もこれと一緒。だからたくさん失敗しろと言っている。
    ・西野曰く、堀江は厳しい父ではない。母のような優しさだ。
     堀江の発言を良く聞けば、完全な人格否定はしていない。お前達も頑張ればなんとかなるから、諦めるんじゃないというメッセージばかりだ。だから堀江は本当は優しい。あと人間性も実はギャップがあって魅力がある。世間で見られているホリエモンのイメージは、ある種キャラクター作りをしている。

  • すぐ読める。行動できない、怖がってる人におすすめ。

  • 行動が大切。
    筆者のそれぞれの暖かさがわかる。

  • 「未来に縛られるバカ」の章が印象に残った。

    著者2人と一緒にいろんなバカを批判している気になりながら、自分もこんなバカになっているのではとドキドキしながら読んだ。

  • 自分のやりたい事
    やってないかなぁ
    考え方を変えるキッカケとなった

  • ホリエモンこと堀江貴文(ほりえ たかふみ)氏、
    キングコング西野亮廣(にしの あきひろ)氏共著の
    「バカとつき合うな」です。

    オンラインサロンといえば、このお二方が有名ではないでしょうか。

    そんなお二方による本書では、
    自分の人生を自由にしていくために必要なことは、

    ・バカとつき合わないこと
    ・自分がバカにならないこと

    と述べられています。

    ここでいう「バカ」とは、自分がやりたいことに対して、あまり良い影響をもたらさない人のことを指すようです。


    お二方が考える様々な「バカ」が紹介されています。
    「あー、いるいる!」と思ったり、「え、自分もやったことがあるぞ!」と考えさせられるものばかりでした。


    【善意なら何でもありのバカ】
    中でも、私が強く共感したものは「善意なら何でもありのバカ」です。

    強風の中、倒れた自転車を起き上がらせている、おばちゃんがいたそうです。

    西野氏は、また強風で倒れたら、今度は自転車が壊れてしまうと思い、

    見かねて自転車を寝かせていった。

    そこでおばちゃんに、「あんた、何やってんの!?」と怒られて退散した。
    というエピソードが書かれています。

    "善意のバカは、本当にタチが悪い。
    自分が善いことをしていると、信じて疑っていないから、何を言っても耳を貸さない。
    つまり、バカの中でも止めようのないバカ、という意味で最悪です。"


    私も事業を立ち上げて、軌道に乗ってきたころ、ビジネスに集中するために、NECを退職することを決めました。
    その時に、反対を受けることもありました。

    ・苦労してせっかく入社したのに、勿体無い。
    ・まだ若いんだから、会社で経験を積みなさい。
    ・事業なんて失敗したら大変だ。

    反対する人たちは、私を心配して言ってくれている人が多いと感じました。
    それでも私は、自分の人生を自由に生きるために、事業の世界に飛び込みました。


    【つるみにこだわる】
    私がメンターから、口を酸っぱくして言われたことの中で、「つるみにこだわる」があります。
    これは、誰と一緒にいるかを大事にするということです。

    人は環境の影響を受ける生き物です。
    日本人でも、生後すぐにアメリカに行き、英語圏で育てば、その子は英語を話すようになります。
    どういう人を周りに置くかで、自分の考え方や行動が変わります。

    私は、メンターのような結果が欲しいので、できるだけメンターと、時間をともに過ごすようにしています。

    最初は「荷物持ちをやらせてください!」と申し出たことを、思い出しました。

    一緒にいるだけでも、メンターとの考え方や価値観の違いに気づくことが多々あります。

    メンターの選択の基準やこだわりを知って、
    ひとつひとつ真似してきたことで、今の結果があります。

    まだまだ現状に満足せずに、一緒にいる人にこだわって、大切な仲間とともに、さらに豊かな人生にしていきます。

    本書は、現状を変えて何かにチャレンジしたい人に、是非読んでいただきたい素晴らしい一冊でした。

  • バカは気にしない。背中を押してくれる一冊でした。

全177件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

■堀江 貴文(ホリエ タカフミ)
1972年福岡県生まれ。実業家。
SNS media&consulting株式会社ファウンダー。
現在は自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリのプロデュースを手掛けるなど幅広い活躍をみせる。
主な著作に『多動力』(幻冬舎)、『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)、『10年後の仕事図鑑』(共著・落合陽一/SBクリエイティブ)などがある。

「2019年 『小説 多動力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

バカとつき合うなのその他の作品

バカとつき合うな Kindle版 バカとつき合うな 堀江貴文

堀江貴文の作品

ツイートする