ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争

著者 :
  • 徳間書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198647421

作品紹介・あらすじ

2020年『東京五輪』。開催に向けて暴力団排除がますます進む中、国家規模の超巨大イベントから滴る甘い汁をヤクザは啜(すする)ことができるのか――――初代竹中組、中野会、初代古川組で極道黄金期を生きた侠が、「黒い利権」の一部始終と「今」を明かした!

著者プロフィール

1951年生まれ、兵庫県姫路市出身。義竜会会長、初代竹中組組長秘書、中野会若頭補佐、古川組舎弟頭補佐を歴任。2005年に二代目古川組の盃を拒否して破門処分となり、カタギとなる。現在は暴力団員の更生を支援するNPO法人「五仁會」代表。2016年の山口組分裂騒動ではヤクザに精通した第一人者としてテレビ各局の報道番組にコメントを寄せ、「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)へのゲスト出演で話題となる。

「2019年 『若頭の社会復帰と三つの山口組の行方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹垣悟の作品

ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争を本棚に登録しているひと

ツイートする