禍都 (徳間文庫)

著者 :
  • 徳間書店
3.56
  • (9)
  • (10)
  • (20)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 111
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (662ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198915551

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1997年8月トクマノベルス刊。書き下ろし。炎都シリーズ2作目。2001年8月徳間文庫化。前作の10か月後の京都での戦いの記録。荒唐無稽で、面白く楽しい。

  • 「炎都」の続き。

    前作は京都だけが舞台だったけど、、なんだか壮大な感じになってきたー。
    楽しみ。

  • 炎都の続編です。
    悪ふざけ?がパワーアップして、妖怪たちも暴れまくります。
    完全にガメラやゴジラの世界です。
    読者が楽しいのは勿論ですが、絶対に著者も面白がってます。



  • 炎都の続き。で、まだ続く。珠星と雄斗がすごく可愛いです..。

  • これが都2作目。テンポよくさっくり読めてしまうのです。ヤモリがしゃべります(笑)。可愛いv大好き!

  • 炎都に続く作品。炎都から10年後が描かれています。

  • 2005年1月21日読了

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。青山学院大学卒。1995年『RIKO――女神の永遠』で第15回横溝正史賞を受賞しデビュー。本格ミステリー、サスペンス、伝奇小説、ファンタジーなど多彩な作風と旺盛な執筆力には定評がある。『激流』などドラマ化された作品も多い。「RIKO」「炎都」「猫探偵正太郎」など多数のシリーズ作品の他、近年は時代小説「お勝手のあん」シリーズも手がける。

「2023年 『ワーキングガール・ウォーズ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柴田よしきの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×