木曜組曲 (徳間文庫)

著者 :
  • 徳間書店
3.60
  • (184)
  • (338)
  • (500)
  • (33)
  • (15)
本棚登録 : 2719
感想 : 283
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198917593

作品紹介・あらすじ

耽美派小説の巨匠、重松時子が薬物死を遂げてから、四年。時子に縁の深い女たちが今年もうぐいす館に集まり、彼女を偲ぶ宴が催された。ライター絵里子、流行作家尚美、純文学作家つかさ、編集者えい子、出版プロダクション経営の静子。なごやかな会話は、謎のメッセージをきっかけに、いつしか告発と告白の嵐に飲み込まれてしまう。はたして時子は、自殺か、他殺か-?気鋭が贈る、長篇心理ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 女は怖いなと。いやいや、逞しいのか。
    転んでもただでは起きないぞって。
    騙し騙され、そして騙して。
    耽美派小説の巨匠、重松時子の死の真相を巡って、女たちの心理戦は何処へ向かう。
    最後、ひとりほくそ笑むのは誰なのか。

    「決まってるでしょ。去年までと同じように、知らん顔して生きてくのよ」

  • 大作家・重松時子が謎の死を遂げて4年。毎年、時子を偲んで集まる時子と関わりの深い女性5名が死の真相に迫る。
    5人の中に犯人がいるのか、共犯者はいるのか、お互いが敵なのか味方なのか、はたまた時子は自殺だったのか…状況が次々に変化し、大変面白かった。最後の展開には唸ってしまった。

  • 4年前に薬物で自殺した作家、重松時子。
    時子が亡くなったときにその家に居合わせた編集者、作家、血縁者などの5人の女性たちが、毎年その命日に同じ場所に集う。美味しい料理を食べてたくさんのお酒を飲みながら、時子の死について語り合ううちに、それぞれが時子との間に起きていたできごとなどを告白を始め・・・。

    圧倒的な会話劇。全員物書きにまつわる仕事をしているという設定なので、会話の密度と重量におしつぶされそうになりつつも、ときどき挟まれるたわいのない会話でふっと肩の力が抜ける感じ。読みごたえありました。恩田陸さんの小説は、本当に会話に圧倒されるとしか言いようがない。

  • 耽美派小説作家「時子」の姉妹、従姉妹など、縁がある女性5人が織りなす心理ミステリー。

    今年も時子の家「うぐいす館」で薬物死した「時子」をしのぶ会をするという。
    集まってきたのはゆかり(親戚)の女性たち。

    ノンフィクションライターの「絵里子」
    出版プロダクション経営の「静子」
    純文学作家の「つかさ」
    人気売れっ子作家の「尚美」
    編集者の「えい子」

    みんな「物書き」の妙齢の女性たちが、瀟洒な洋館で繰り広げる会話とご馳走の3日間だから、何事が起ころうかとわくわくする。この設定はうまいなーと思う。楽しみながら、時の経過ということを意識した。
    会話だって文学の話が出るだろうしと期待、果たして満載、本好きには応えられない。

    恩田陸さんの小説は時と空間の追求が必ずひとつある。すごく個性的な時間の経過だ。どこからきたのだろう、と恩田さんに不思議な感覚を覚える。

    思うのだが、文学を読むときに普遍的な思想、思索を論理的に受け取るということがある。不条理を、神の存在を示唆されることもある。しかし、このごろこは「時間の不思議さ」という事を強く感じるという読み方をしている。

  • 同じ場所で登場人物も5人だけのまま進んでいくのに、面白い。
    疑心暗鬼しながら心理戦が繰り広げられるけど、あくまでも宴の場なので柔和さもある。

  • 1人の女流作家の死の謎に迫る、物書きの女たちが繰り広げる耽美なミステリー。‬

    ‪出てくる人物が皆、執筆業やそれに関わる仕事をしているので、本好きとしては興味深く楽しんだ。‬この人たちが書いたものを読んでみたい。
    ‪古い洋館、美味しそうな料理とお酒、女たちの心理戦、華やかで謎めいていてうっとりしてしまう。‬

  • 物書きってのは少々狂気なのだと教えてくれる作品となっております。物語が5人の女性の対話で進んで行きます。それぞれの個性やら思惑やらが見えて、謎が出てきて、謎が解けていき、たまりません。
    いや、おもろい。

  • 読みやすい、けどくどい

  • 仕事のできて自立している女性が、美味しそうなごはんをたくさん食べて飲む話が大好きで。更に謎が謎を呼ぶ、安楽探偵話。何度読んだかわからない。

  • 初めて読んだのは高校生の時。ミステリーがなんなのか今ひとつよくわからぬまま、どんどんどんどん引き込まれてあっという間に読み終えたのを覚えている。鮮やかにテンポよく、場面が次々と切り替わっては、何か強烈な余韻を残してエンディングを迎える。心理的にぐいぐい攻めてくる。音を立てない静かな残酷さに胸がぞくぞくと痛みを覚える。その痛みがどこか心地よくて、また何度も読みたくなってしまう。

全283件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年生まれ。92年『六番目の小夜子』で92年デビュー。『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、『ユージニア』で日本推理作家協会賞、『中庭の出来事』で山本周五郎賞、『蜜蜂と遠雷』で直木賞と本屋大賞を受賞。その他『ドミノin上海』『スキマワラシ』『灰の劇場』『薔薇のなかの蛇』など著書多数。

「2021年 『SF読書会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

恩田陸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×