木曜組曲 (徳間文庫)

著者 :
  • 徳間書店
3.60
  • (175)
  • (310)
  • (478)
  • (31)
  • (13)
本棚登録 : 2438
レビュー : 267
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198917593

作品紹介・あらすじ

耽美派小説の巨匠、重松時子が薬物死を遂げてから、四年。時子に縁の深い女たちが今年もうぐいす館に集まり、彼女を偲ぶ宴が催された。ライター絵里子、流行作家尚美、純文学作家つかさ、編集者えい子、出版プロダクション経営の静子。なごやかな会話は、謎のメッセージをきっかけに、いつしか告発と告白の嵐に飲み込まれてしまう。はたして時子は、自殺か、他殺か-?気鋭が贈る、長篇心理ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 女は怖いなと。いやいや、逞しいのか。
    転んでもただでは起きないぞって。
    騙し騙され、そして騙して。
    耽美派小説の巨匠、重松時子の死の真相を巡って、女たちの心理戦は何処へ向かう。
    最後、ひとりほくそ笑むのは誰なのか。

    「決まってるでしょ。去年までと同じように、知らん顔して生きてくのよ」

  • 大作家・重松時子が謎の死を遂げて4年。毎年、時子を偲んで集まる時子と関わりの深い女性5名が死の真相に迫る。
    5人の中に犯人がいるのか、共犯者はいるのか、お互いが敵なのか味方なのか、はたまた時子は自殺だったのか…状況が次々に変化し、大変面白かった。最後の展開には唸ってしまった。

  • 物書きってのは少々狂気なのだと教えてくれる作品となっております。物語が5人の女性の対話で進んで行きます。それぞれの個性やら思惑やらが見えて、謎が出てきて、謎が解けていき、たまりません。
    いや、おもろい。

  • 読みやすい、けどくどい

  • 仕事のできて自立している女性が、美味しそうなごはんをたくさん食べて飲む話が大好きで。更に謎が謎を呼ぶ、安楽探偵話。何度読んだかわからない。

  • 初めて読んだのは高校生の時。ミステリーがなんなのか今ひとつよくわからぬまま、どんどんどんどん引き込まれてあっという間に読み終えたのを覚えている。鮮やかにテンポよく、場面が次々と切り替わっては、何か強烈な余韻を残してエンディングを迎える。心理的にぐいぐい攻めてくる。音を立てない静かな残酷さに胸がぞくぞくと痛みを覚える。その痛みがどこか心地よくて、また何度も読みたくなってしまう。

  • 創作稼業の5人の女性が曰くつきの館で過ごす3日間。
    メリハリのきいた展開で飽きさせない。書きつづける苦悩と喜びが全編にあふれてた。
    執筆業ぶっちゃけトークがいかにも楽しそうで、ミステリーだということを忘れちゃう。ハードボイルドあるあるネタが笑えたなぁ。
    どうにか一件落着した後は、思いのほかサバサバしたラストが待っていた。永遠に背負う重荷さえ創作意欲に変えてしまう彼女たちが、眩しくもあり恐ろしくもあり…。

  • 特異な才能を持った作家、時子が自殺した理由を
    その時に居合わせた5人の女性が推理するという
    フーダニットに特化したミステリ。

    その5人がそれぞれ読み書きを生業としているのが
    面白い。毎年命日に集まって時子を偲ぶ……という
    集まりがやがて犯人探しに発展していく所は
    なんというか「通夜の席での思い出話」という様相で、
    重くはないが軽くもない、そんな雰囲気で進んでいく。

    やがてそれぞれが隠していた秘密が暴露され、
    そして彼女達はまた日常に戻っていく

    なぜ自分が襲われたのか?を推理する西澤保彦「聯愁殺」が好きな人にはオススメ。
    恩田陸さんらしい絶妙に乾いた感じがとても読みやすかったです。

  • 死んでしまった大御所作家を偲んで、毎年一回女5人が集まって話をする…そんなところから、作家を殺したのは誰かと言う話になって…
    視点がコロコロ変わるので、気をつけないと誰の事なのか見失うことがある。
    最後の終わり方も含め、ネタばらしもあり。おもしろかった

  • 本に関わる5人の個性的な女性が、天才作家だった時子の死についての、秘密や考察を話ていく。ぞっとしたり共感したり、面白かったです。
    【あたしって見掛けによらずぶきっちょだからさ。実はものすごく努力してんのよ。そばにあんなのがいて、けっこう辛かったわけ。「ごらん、あの池ですいすい泳ぐ白鳥は、水面下で必死に足を動かしているのです」なんて言ったって、彼女は「必死?それはどういう意味かしら?」てなもんよ。彼女は何もしなくても最初から飛べちゃうんですもんね。】この言葉が心に残っています。

全267件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

恩田 陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。幼少期は名古屋、長野、富山、仙台などを転々とする。高校時代は茨城県水戸市に在住。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。
1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。
2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞と第14回本屋大賞を受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。

木曜組曲 (徳間文庫)のその他の作品

木曜組曲 (徳間文庫) Kindle版 木曜組曲 (徳間文庫) 恩田陸
木曜組曲 単行本 木曜組曲 恩田陸

恩田陸の作品

木曜組曲 (徳間文庫)に関連する談話室の質問

木曜組曲 (徳間文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする