電脳娼婦 (徳間文庫)

著者 :
  • 徳間書店
3.22
  • (3)
  • (4)
  • (17)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 73
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198928063

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「エロティックSF短編集」(p.306)。6編。 90

  • エロティックSF短篇集。
    少年の頃にドキドキ・ワクワクして入手したH本が,予想に反して上級者向けすぎだった時のような驚きと悲しみ。

  • いやー正直好きです。笑 エロいミステリーだけどファンタジーのように夢がある笑 と言ったらオタクっぽいけど。あと性の深さが文章に滲み出ているような。人間のサガ、ともいうのか。これは女が読んだらはまるような気がします。そんなことない?BLのような癖がある。

  • 今回もマニアックなエロさ。「シェヘラザードの首」なんて純愛ともとれるような展開を見せるんだけど、最後はやっぱり森奈津子的な落とし方。でもそこがいいんだなあ。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

作家。1966年、東京都生まれ。作品に、「お嬢さま」シリーズ、『地下室の幽霊』(いずれも学研)など。

「2017年 『脇役ロマンス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

電脳娼婦 (徳間文庫)のその他の作品

電脳娼婦 単行本 電脳娼婦 森奈津子

森奈津子の作品

ツイートする