闇に灯る―寺子屋若草物語 (徳間文庫)

著者 :
  • 徳間書店
3.73
  • (1)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198929466

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三姉妹が力をあわせて営む寺子屋「三春屋」。昼だけでなく夜も開いている。今回は夜の一文稽古で学ぶことの意味が話に影響してくる。大阪の商人の考え方もさもありなん、という感じ。話そのものより、それぞれ好ましい三姉妹の今後や周囲の様子が好きで手にとってしまう。次はどうなるのかな・・・

  • 父を亡くし、仇討ちを目論むお鈴は、似たような境遇にある草太の姿に何を見るのか?タイトルに込められた想いが心の奥底にしん、ときます。お涼姉を巡っての三角関係も勃発の予感で、ますます先の展開が気になります。

  • 3/31-4/1

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

作家

「2015年 『未来記の番人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

築山桂の作品

ツイートする