SAT、警視庁に突入せよ!―中途採用捜査官 (徳間文庫)

著者 : 佐々木敏
  • 徳間書店 (2009年7月3日発売)
2.82
  • (1)
  • (0)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :60
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (611ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198930110

SAT、警視庁に突入せよ!―中途採用捜査官 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズモノだったみたいなんだけど、特に問題なく読めました。

    警視庁が国際テロリストに乗っ取られるという設定だったんだけど、犯人は結局、国際テロリストではなく…

    わずか2日ほどのお話なんだけど、二転三転してバタバタと展開していきます。
    事件の捜査に当たるのが捜査二課なんだけど、それぞれがプロ意識を持っていて、それを活かした捜査がなかなか面白かったです。

    登場人物が多く、警視庁全体で事件が展開するので、人物や場所を把握するのがちょっと大変でした^^;

    テロモノを2作続けて読んでしまったコトもあり、何だか日本の危機管理の甘さを痛感してしまいました。

  • こういう特殊警察ものを探してたのだヽ(´ー`)ノやっと見つけた!

  • 中途採用捜査官の続編。しかもテロリストに乗っ取られた警視庁を奪還するというのでコンピューター犯罪専門の結城さんがどんな役回りなのかと思ってたら交渉人までやらされてる。結城さんの良さはよく出てたかなと。
    恵ちゃんとのコンビネーションが少ないのはちょっと残念でした。
    大政こと大久保刑事や団藤さんの奥様も活躍するので前作より面白かった。まだ続編あるみたいなので楽しみです。

  • テロリストが警視庁を占拠した!? しかもSIT(特殊犯捜査係)が動けない!? さあ、どうする? 現実の本庁内部を調べ尽くし、目もくらむスピード感と驚くべき整合性で描く警察小説。本庁ビル図解つき。

全4件中 1 - 4件を表示

SAT、警視庁に突入せよ!―中途採用捜査官 (徳間文庫)のその他の作品

佐々木敏の作品

SAT、警視庁に突入せよ!―中途採用捜査官 (徳間文庫)はこんな本です

ツイートする