薄紅天女 上 (徳間文庫)

著者 :
  • 徳間書店
4.05
  • (99)
  • (116)
  • (77)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 1051
レビュー : 67
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198932046

作品紹介・あらすじ

東の坂東の地で、阿高と、同い年の叔父藤太は双子のように十七まで育った。だがある夜、蝦夷たちが来て阿高に告げた…あなたは私たちの巫女、火の女神チキサニの生まれ変わりだ、と。母の面影に惹かれ蝦夷の地へ去った阿高を追う藤太たちが見たものは…?"闇"の女神が地上に残した最後の勾玉を受け継いだ少年の数奇な運命を描く、日本のファンタジーの金字塔「勾玉三部作」第三巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 勾玉三部作最終章。時代物を読んだ後だったので、えらく読みやすく感じました。
    闇(くら)の女神がまさか男に転生とは。ということで出だしは男二人が主人公で進むので、白鳥異伝と較べて、色恋沙汰は少なめ(?)。とはいえ、ましろと千種の修羅場が見ものだったり。

    時代は進み、坂上田村麻呂とか蝦夷討伐とか、神話時代を抜けた頃。前2作に較べれば、より現実に近い感じ。平城遷都とかね、実際の地名・人物が出てきます。

    チキサニの記憶を受け入れ、下巻は都へ大移動。異文化を受け入れるというのは大変なこと。阿高は倭と蝦夷をどのようにまとめるのでしょうかね。下巻の展開が楽しみ。現実世界では、結局武力行使で平定したんだろうなあ。なんだかんだと日本という1つの国家をなしているのだから。それでもアイヌの人たちは『内地とは別』、と思っているのかな。

    リサトが可哀そうすぎて。涙目。

    たまたまの偶然ですが、お仕事で坂東市にちょろっとお邪魔。籐太と阿高の二連はこの関東平野を馬で駆っていたのか、なんてフィクションなのに思ってみたりしてました。いやはや偶然にビックリでした。そもそも坂東市という市自体知らなかったし(すいません)。

    チキサニ、大人しい女性かと思いきや、前作遠子とキャラかぶっている?

  • ずっとずっと、大切に手元に置いておきたくて、文庫が出たのでとうとう買いました。わたしの読書の原点。
    小学校6年のときに読んだのが最初だったと思います。区の図書館で見つけて空色勾玉を手に取りました。躊躇するほどの分厚さ。それでも手に取ったのは、当時某マンガに影響されて勾玉という単語に弱かったので。
    結果としてのめりこんですぐ次の白鳥異伝、薄紅天女と続きました。結局最終的にいちばんだいすきになったのが、この薄紅天女です。

    この本を、当時から変わらず、なによりも愛してやまない理由は、キャラクターがだれもかれもほんとうにすきだからです。
    二連のやんちゃっぷりがかわいくて、藤太と阿高のかっこよさに惚れぼれして、当時のわたしの恋心をきれいにかっさらっていた阿高にはほんとにもう参りました。ちょっと斜に構えていながら、誰よりも藤太を信頼していて、そのまま普通に大人になれると思いきや、妙な血筋から変な力を持ってしまって。ちょっと不器用で言葉の少ない阿高が、どこまでも愛おしかった。
    二連がいちばん輝いていたのは竹芝での千種さんとの騒動あたりで、あのあたりが上巻ではとてもすきでした。
    でもいちばんすきなのは、下巻の、苑上に向かって、一緒にこないかと言わなかった、という、あのシーン。覚悟を決めていた、一生お墓にもっていくと決めた苑上を知っているからこそ、あのシーンは涙が止まらなかった。(よく考えるとお墓に持っていくという言葉の真意をはじめてわかったのは苑上のせりふだった)

    児童書向けとは言われつつも、大人になっても、たのしめる作品であることは間違いなくて、ぜひよんでほしいし、もし子供ができたとしたら、本棚に置いておいてあげたいなと思う一作。
    こんなすてきな作品をありがとう、と、いまでもだいすきで追いかけている、荻原規子さんに感謝。

  • 藤太と阿高。二連と呼ばれる二人は竹芝の地で連れ添わぬことはなかった。兄弟ではないが、兄弟以上の絆をもつ二人は竹芝の名物でもあった。
    藤太は隣の地の少女に恋い焦がれたことにより二人の関係に変化が現れる。
    夜な夜な阿高に現れる不思議な女性、坂の上田村麻呂、そして蝦夷。勾玉に選ばれ少年は、歴史の巡り合わせのように再び争いに身を投じ翻弄されていく勾玉シリーズ三作目。

    一作目の空色勾玉、二作目の白鳥異伝とは系譜を繋がりつつ、今回一番変わったのは主人公が少女と少年ではないとうこと。二連と呼ばれるふたりの絆は強く、竹芝の仲間たちもいて微笑ましい。
    登場する坂ノ上田村麻呂や蝦夷、アテルイといった歴史的にも有名な人物が登場し、帝と蝦夷の争いを描く、その前哨戦といったところか。

    空色の稚羽矢や白鳥の小俱名のように能力を持ったのは蝦夷の巫女、チキサニの息子、阿高だ。しかしその力そのものは空色の沙耶や白鳥の遠子も呼ばれていた「巫女」の力だという。竹芝の子、藤太は力に翻弄される阿高を説得し落ち着かせる役目を担っているが、それは今までの沙耶や遠子の役割だった。藤太はどちらかというと帝、つまり輝に連なるものの血だ。この逆転現象はきっと歴史の流れによって変わってきてしまったのだろうか。実際のところはまだわからない。

    少年少女が題材ではない分、色恋の甘酸っぱさはなかったが、千種という少女がそれを補完している。
    藤太が惚れた千種、彼女の存在こそ、彼らを遠ざける要因にもなったが、素直になれない彼女もまた愛らしいところのある少女だ。
    彼女が再びどう登場するのか楽しみでもある。

    上巻は読了。下巻へ続く。

  • 勾玉三作目。
    大王の子孫といわれる阿高と藤太という二人の少年のお話です。

    今作も大蛇の剣を巡るお話かと思っていたのですが、少し趣向が違う様子。まだ上巻なのでなんとも言えないですが。

    幼いころから両親のいなかった阿高は竹芝の家で育てられますが、阿高の母親が実は蝦夷の巫女、チキサニだったという事実を知り、さらに真実を探るべく蝦夷へ向かいます。
    阿高の父、勝総の末弟である藤太はチキサニのことを知っていて、阿高に隠していました。阿高に不思議な力があることも。

    帝の者と、蝦夷の者が阿高の力を利用しようとしていることを知った藤太もまた蝦夷へ向かいますが・・・・・。
    藤太の前に現れたのは狼の姿をした阿高だった。

    と、ざっくりしすぎですが、あらすじはこんなところでしょうか。(全然うまく書けなかった)
    上巻、なかなか核心をつかずといった感じで妙にふわっとしてましたね。
    でも特に苦もなく読み進められました。時代もかなり移り変わり、実在する人も出てきたりでなかなか新鮮です。

    白鳥異伝の小倶那と遠子の子孫が竹芝…阿高になるのでしょうか。
    そろそろ家系図が欲しくなってきました。

    とりあえず今作もかなり胸が締め付けられます。阿高が心配。

  • 勾玉シリーズでは一番好きかも。私の場合、男の子の主人公の方が、目線があうのかもしれません。二連が魅力的。

  • 17歳まで共に育ってきた藤太と阿高。同い年の叔父と甥。
    藤太にとって、今までと違う千種の存在。
    阿高の中にいる、母であり蝦夷の女神でもあるチキサニ。
    チキサニを追う都人・坂上田村麻呂に蝦夷。
    様々な人の存在が二人の関係を変える。

    蝦夷と共に消えた阿高。
    坂上と共に阿高を追う藤太、広梨、茂里。
    チキサニの記憶を得た阿高は、怨霊はびこる都へ行くことを決める。

  • ハードカバーが出たばかりの頃、学校の図書館で出会って以来の愛読書。待っていましたの文庫版。これで、どこでも読める!先の勾玉三部作の二作すっとばして、薄紅天女が一番好きな作品なので、先に読んでます。

  • 勾玉三部作の三作目。

    感想は、下巻で。

  • 兄弟同然で平和に育ってきた叔父と甥の藤太と阿高が、ある日を境に離れ離れになる。藤太はいなくなった阿高を追いかけるために村の友人とともに村を出た。都と蝦夷のいざこざに巻き込まれながらも、ただ前のような生活に戻るために純粋に追いかけ、阿高の為なら手を汚しても躊躇しない姿が健気です。帝がどんなひとなのか気になるのと阿高が暴走しなければいいのですが。

  • やっぱり、主人公の二人がいいですね。
    絆の深さが、羨ましくもあり、怖くもあり。

    神話の時代からすれば、
    ずいぶんと変わりましたね。
    平安時代ですか。坂上田村麻呂ですか。
    陰陽師ですか。安倍晴明出てくるのですか。
    って、読んでてわくわくしました。

全67件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

荻原規子(おぎわら のりこ)
1959年生まれの作家。早稲田大学卒。『空色勾玉』でデビュー以来、ファンタジー作家として活躍。『空色勾玉』『白鳥異伝』『薄紅天女』は勾玉三部作、勾玉シリーズとして代表作となる。
その他代表作に、『西の善き魔女』『RDG』シリーズなど。2006年、『風神秘抄』で小学館児童出版文化賞、産経児童出版文化賞、日本児童文学者協会賞などを受賞。


「2017年 『RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴』 で使われていた紹介文から引用しています。」

薄紅天女 上 (徳間文庫)のその他の作品

薄紅天女[上] (徳間文庫) Kindle版 薄紅天女[上] (徳間文庫) 荻原規子

荻原規子の作品

薄紅天女 上 (徳間文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする