伯林星列 上 (徳間文庫)

著者 :
  • 徳間書店
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (429ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198933630

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2011-5-12

  • 1933年オリンピック開催中のベルリンを舞台にナチス幹部、日本帝国軍人、ソ連の工作員を巻き込んだ重厚なスパイ活劇に少年愛、調教、陵辱を含む退廃的ポルノ描写が入り混じる、いうなればヴィスコンティとパゾリーニが共作してしまったような怪作。当時の政局、組織間のパワーバランスなどよく取材されていて、この時代に興味がある人なら世界観にどっぷり浸かれる。二人の主人公の運命が交錯する下巻に期待。

  • 単行本で既読。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1954年福岡県生まれ。西南学院大学文学部卒。短篇「花狩人」が第5回ハヤカワ・SFコンテスト入選第1席を受賞してデビュー。主な作品に、『武装音楽祭』など美貌のテロリストを主人公とする『レモン・トロツキー』シリーズ、『バベルの薫り』『月光のイドラ』『ソドムの林檎』『伯林星列』などがある。

「2018年 『月夜見エクリプス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野阿梓の作品

ツイートする
×