Xの螺旋 (徳間文庫)

著者 :
  • 徳間書店
2.55
  • (1)
  • (1)
  • (7)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 42
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198934057

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 女性患者の死体から毒ガスが発生した事件をきっかけに,主治医と友人の微生物学者が事件に巻き込まれる科学ミステリ。
    最後まで先の読めない展開。
    科学ミステリ,パニックホラー,SFどれにも近くて,どれにもなりきれていなかったのは,少し残念。

  • 2.5

  • 2011/12/20
    往路

  • 医療パニックになりそうでならないちょっと残念なお話。
    科学探偵小説とはよく言ったものでして、その方向で最初から読んでいれば、ここまで悪印象を持つこともなかったと思うんですが、あらすじってのは怖いものですね。(^^;
    最初からパニックものじゃないと思ってさえいれば、普通の推理小説として楽しめますので、もう少し評価を上げてもいいんですけど、まぁ、ここはこのままで。

  • 読みやすい!

  • 内容紹介
    大学院を卒業後、恩師の微生物研究室で助手を勤めるようになり、四年が過ぎた。バイオベンチャーで新商品の開発に血道を上げるよりも、好きな研究をコツコツ続けていける道を、わたしは選んだ。研究者というのはやっかいな存在だ。一見常識的なふつうの人に思えても、裡に異界を抱えていたりする。一歩間違えば、世界にとっての脅威になり得る。もしも自分が手にした一本の試験管が、全人類を死に導くとしたらどうする?


    出版社からのコメント
    神か悪魔か!? 人体から毒ガスを発生させた科学者は、ガンを治療するスーパー細胞を開発していた。未知なる世界へようこそ

全6件中 1 - 6件を表示

柳原慧の作品

ツイートする